【メールインタビュー】XXX | 予測不可能な音楽を

韓国のヒップホップデュオXXXは、FRNKによる様々な音楽からの影響を感じさせる越境的なサウンドと、Kim Ximyaによるトラックにあわせた幅の広い自由なスタイルのラップでヒップホップ好きを超えて注目を集めている。彼らはベテランラッパーE SENSが運営するクルーBANAに所属し、これまでにEP『Kyomi』を2016年にリリース、最新シングルは今年2月にリリースした"What You Want"となる。

今年3月にリリースされたyahyelの2ndアルバム『Human』にXXXのKim Ximyaが"Polytheism"にフィーチャー。越境的なサウンドで注目を集める両者の共演は話題を呼んだ。

また来週末には韓国でyahyelとKim Ximyaがライブで共演するのを前に、彼にyahyelとのコラボについてや、拡大する韓国のヒップホップシーンに対する考えをメールでぶつけた。

取材・構成 : 和田哲郎

- XXXはどのように結成されたのでしょうか?

Kim Ximya - FRNKと俺が最初に会った時、二人とも、とあるクルーのメンバーだったんだ。それですぐに一緒に音楽を作り始めて、その後ありがたいことにBANAに加入することが出来たんだ。

- あなたの現在のラップのスタイルに特に強い影響を与えたラッパーを教えてください。

Kim Ximya - たくさんいるけど、特に影響を受けたのはJay-Z、Pusha T、ASAP Rocky、Travis Scott、Yelawolf、Earl Sweatshirtといった連中だね。

- テクノやダンスミュージックなどにも影響を受けていると思いますが、どのようなアーティストをこれまで聴いてきていましたか?

Kim Ximya - FRNKは音楽をディグる天才だから、クレイジーな音楽のプレイリストを俺に教えてくれるんだ。Clarence ClarityとかSOPHIEとか、他にもたくさん聴いているよ。

- XXXのビートやラップのアプローチはここ数年アメリカのトレンドとなっているトラップやいわゆるマンブルラップとは一線を画したものであると思います。韓国にもそういったスタイルを踏襲したラッパーが多くいると思いますが、そういったトレンドについてどう考えていますか?

Kim Ximya - それはただ単にそういう事をやる才能がないっていう事と、環境の違いが要因だと思っている。俺はトラップが周りにある環境で育ってもいないし、貧困に困ったこともない。もし俺が貧困層から這い上がって来たということを言ったらそれは嘘になるしね。それはリアルなハスラーが実際に経験して来た厳しい体験を盗むと言うことになる。

- 日本と比べると韓国の現在のヒップホップシーンはとても大きいものだと思いますが、あなたが考えるシーンの課題はありますか?

Kim Ximya - 多分シーンにはたくさん問題があると思うけど、それを気にすればするほどそれに苦しんでしまうだろうと俺は思う。これはワックに聞こえるかもしれないけど、俺の人生では金が一番大事なものなんだ。俺がシーンの中で気にしてること、変えようと思っていることがあるとしたら、それは自分がプロフェッショナルな仕事をする為に必要な金が稼げないってことだな。これに関していえば俺は無関心ではいられないよ。

- 現在日本ではMCバトルのテレビ番組が流行したことを契機に、フリースタイルを中心としたヒップホップシーンが盛り上がりを見せています。韓国でも『Show Me The Money』があり人気ですが、そういったテレビ番組やバトルをきっかけとしたシーンの盛り上がり方についてどう思われますか?

Kim Ximya - そういうフェイクなバトルは可愛いもんだと思っているよ。そして俺がその一部になることは絶対にないね。というのも、俺は何か特定の事をやっている人々の中で、誰が一番かっていうのは、誰が一番稼げてるかってことだと思っているんだ。だから、もし俺が他のラッパーとバトルすることがあるとして、その相手がテレビにも出ていてリスペクトできるキャリアがあるんだとすれば、「負けた、降参するよ」って感じだね。

- 日本のミュージシャンの中で注目しているものや、好きで聴いているものなどがあったら教えてください。

Kim Ximya - 正直言うと実はまだそんなに聴けていないんだ。けど俺はyahyelの音楽を好きになったし、もっと日本のアーティストを聴く必要があると思ってる。

- yahyelのアルバムにフィーチャリングで参加しましたが、今回のコラボはどういった経緯で実現したものなのか教えてください。

Kim Ximya - 俺が日本でライブをした時にバンドに会ったんだ。その時はyahyelと短い会話を交わしただけだったんだけど、家に帰って彼らの曲を聴いたらめちゃくちゃドープだった。それから俺たちは連絡を取り合ってフィーチャリングすることになった。彼らのニューアルバムは大好きだね、超ドープだよ。

- yahyelの魅力は?

Kim Ximya - 俺は予測できないような音楽が好きなんだけど、yahyelの音楽はまさにそうだし、聴いてるとエキサイティングな気持ちになるね。それに彼らの音楽から学ぶべき要素はたくさんあるし、インスピレーショナルな要素もたくさん詰まっているところが魅力だと思う。

- yahyelやXXXもエクレクティックなサウンドが特徴ですが、そのようなジャンルの越境は意識的に行っているのでしょうか?もしくは自然に?

Kim Ximya - ジャンルを横断することは予測不可能な音楽を作る時の一つの効果的な方法だし、FRNKはそれをマスターしてるんだ。今ではそれが彼がビートを作る時の自然なスタイルだし、彼にはそうやって1つの曲中でジャンルを超えるだけの才能がある。

Info

yahyel - 『Human』

PastedGraphic-1

yahyel Live in Seoul
Date : 2018. 04. 14. (Sat)
Venue : KT&G KT&G SangSangMaDang Live Hall ( 65, Eoulmadang-ro, Mapo-gu, Seoul, Republic of Korea)
Start Time : 7 PM Addmision : 6:30 PM
Guest : PONY, KIM XIMYA

RELATED

【インタビュー】Cram & Budamunk by ISSUGI | Talk About Beats

今年DOGEAR RECORDSからそれぞれアルバムをリリースしたビートメイカーのCramとBudamunk。世代が違う中でも自身のビートの世界を追求してきた2人に対して、毎月7インチをリリースする前人未到の企画『7INCTREE』にも両者をプロデューサーとして招き入れたISSUGIがインタビューを...

【メールインタビュー】CYK | 若きハウス・コレクティヴが作り出す新しいグルーヴ

活動から2年弱、今旬なアーティストを招聘し続けているハウス・コレクティブ CYK。若手ながらもruralやソウルのローカルラジオ Seoul Community Radioに出演したりと精力的に活動し、常に成長し続ける彼らのパーティーは、世代関係なく東京の新しいダンスミュージックコミュニティーを作り上げている。そして次に彼らがしかけるパーティーは、Baba Stiltz、C'est Quiを迎えた、東京・大阪・韓国のアジアツアーである。

【特集 Red Bull Music Festival Tokyo】ShintaroとMarzyが共謀するオンラインパーティ『PLUG (24 HOURS)』

世界的ターンテーブリストのDJ Shintaro、そしてストリートを賑わせるDJのMarzyは、実はプライベート含めて親密な仲。意外な組み合わせの彼らが中心となった、24時間ブッ続けのパーティが10/6(土)昼12時からRed Bull Music Studios Tokyoで配信されることになった。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。