GeniusとYouTubeが新プロジェクトSong Storiesを始動 | ヒット曲やジャンルの背景を多角的に紹介

歌詞サイトのGeniusと動画プラットフォームのYouTubeによる新しいプロジェクトSong Storiesが始動した。

このプロジェクトはGeniusがこれまで展開してきた楽曲の解説シリーズであるVerifiedやDeconstructedなどのコンテンツを、YouTubeで配信されているミュージックビデオやライブ動画、ドキュメンタリーなどと共に楽しめるものだ。

例えばLil Uzi Vertの"XO TOUR Llif3"では、20パート以上にわたりキーとなるリリックの解説や、楽曲の背景、ミュージックビデオについてなどが関連する動画と一緒に知ることができる。

IMG_4777

IMG_4776

IMG_4775

これまでGeniusのサイト上で展開されてきたこのシリーズだが、YouTubeとの連携により、よりインタラクティブに楽しめるようになった。

Geniusの設立者Ilan Zechoryはこのプロジェクトについて「1曲の楽曲は単なるオーディオファイルではない。私たちは絶えずユーザーに音楽体験をより豊かにするための有益な情報を提供しようと努力している」と述べ、YouTubeとの連携はとても自然なものだったと付け加えている

それに対しYouTubeの音楽部門のトップのLyor Cohenは「Geniusとのこのプロジェクトは音楽を探求するためのよりリアルな体験を提供する。YouTubeが目指すアーティストとファンをよりよくつなぐ音楽体験の完璧な例だ」とコメントしている。

RELATED

Geniusがサンプリング素材を作る作曲家を特集した動画を公開

ヒップホップを語る上でサンプリングは欠かせない要素の一つだが、近年はライセンス、使用量の問題でサンプリングを中心にしたトラックメイキングはやや下降気味であると言える。

Geniusがヒップホップにおけるアドリブの歴史をまとめた動画を公開

ここ数年のラップにおいて「アドリブ」は大きなキーワードの一つとなっている。「Aye」や「Skrrr」、「Bruh」などのアドリブは今や当たり前に聴かれるものとなり、Childish Gambinoが”This is America”において21 SavageやYoung Thugなどをアドリブのみでフィーチャリングしたことも話題となったが、今回Geniusがヒップホップにおいてアドリブがどのような形で発展してきたのかをまとめた7分間の動画を公開した。

YouTubeが新たな音楽ストリーミングサービスを来週の火曜にローンチ

YouTubeが来週の火曜日に新たな音楽ストリーミングサービスYouTube Musicをローンチすると発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。