STRUGGLE FOR PRIDEが12年ぶりの2ndアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を2枚組BOX仕様でリリースへ

2016年より活動を再開した日本を代表するハードコアパンクバンドSTRUGGLE FOR PRIDEが、12年ぶりとなるセカンド・アルバム 『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』を5月にリリースすると発表した。

2006年にリリースされたファースト・アルバム『YOU BARK WE BITE』以来となる2ndアルバムは現在のバンドメンバーであるフロントマンの今里、ギターのグッチン、ベースのヤンクン、ドラムの陽(ex.BREAKfAST)からなる4人編成でレコーディングを敢行。

同作には、近年のライブでも披露しているオリジナルの新曲に加え、 EGO-WRAPPIN’の中納良恵をボーカルに迎えたBenny Singsのカバー"MAKE A RAINBOW"、『YOU BARK WE BITE』と2009年にリリースしたEP『CUT YOUR THROAT.』にも参加しているカヒミ・カリィをボーカルに迎えたTHE BRUISERSのカバー(原曲は Billy Joel)"YOU MAY BE RIGHT"など、全10曲が収録される予定だ。

現在発表されている参加アーティストは、カヒミ・カリィ、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)の他、GORE-TEX、NIPPS、FEBB、KNZZ、敵刺、BBH、BUSHMIND、小西康陽、杉村ルイ、 酒井大明(OHAYO MOUNTAIN ROAD)、DRUNK BIRDS、DJ HIGHSCHOOL、ECDで、これからさらに増える可能性がありそうだ。

CDは2枚組BOX仕様でのリリースを予定しており、DISC1には最新アルバム音源、 DISC2には初のライブ音源( 2017年8月6日(日)at TSUTAYA O-WEST『METEO NIGHT 2017』)を収録。『METEO NIGHT 2017』 は ECDのラストステージであり、ライブ盤にも力強い声が収められている。

発売を記念して、HMV全店でCD+刺繍ポケットT-SHIRTS付セット、 ディスクユニオン全店でCD+T-SHIRTS付セットの限定販売を行うことが決定した。

RELATED

FEBB AS YOUNG MASONの一周忌に追悼イベント『STILL SEASON』が開催決定

JJJ、KID FRESINOと共にFla$hBackSのメンバーとして活動、唯一のアルバム「FL$8KS」が高く評価され一躍シーンの重要人物となったFEBB AS YOUNG MASON。昨年の突然の逝去の報は大きな衝撃を与えたが、一周忌となる2/15(金)に東京・渋谷WWW Xで追悼イベント『STILL SEASON』が開催されることになった。

夭逝したFEBB AS YOUNG MASONのドキュメンタリーが本日スペースシャワーTVの『BLACK FILE』で放送

今年2/15にラッパー・プロデューサー・DJとして活躍してきたFEBB AS YOUNG MASONが24歳の若さで他界した。

DMB PRODUCTIONによるイベント『Da Morbid Ballaz』にERAやPAYBACK BOYS、STRUGGLE FOR PRIDEなどが出演

2008年のコンピリリースから10年を記念したグループ展を6月にTOKYO CULTUART by BEAMSで開催したDMB PRODUCTION。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。