LAを拠点にアジアのアーティストもリリースするZoom Lensのレーベルイベントにテンテンコ、小林うてな、Meishi Smileが出演

LAを拠点とするレーベルで、日本を含めアジアのアーティストも多くリリースしているZoom Lens。様々なメディアにも取り上げられる人気インディペンデントレーベルとして活動を続けるZoom Lensが、4/8(日)に渋谷のCircus Tokyoでレーベルイベントを開催する。

レーベルイベント『FATHOM』には、日本からテンテンコ、Sho Asakawa (PLASTICZOOMS)、小林うてな、Ermhoi、Smany、LLLLが出演し、LAからはMeishi Smileも出演する。

またこの日はモデルやプロデューサーとしても活躍するシンガポールのアーティストYeuleが、日本初ライブを行う。この日出演するLLLLともコラボを行い、Grimesのプレイリストにも選出されるなど話題となっているYeuleは、4/4にZoom Lensから新曲をリリースする予定だ。

さらに4月5日(木)19:00-21:00にこのイベントをテーマにDOMMUNEで番組が放送、Meishi Smile、LLLL、Yeuleによるパフォーマンスも披露される予定だ。

日本初のショーケースとなる今回のイベントはZoom Lensの幅広い射程や多様性を表すものとなるだろう。イベントの詳細についてはこちら

GN_CO_IL_PO_ZL_FATHOM_A5

RELATED

テンテンコがネコをテーマにしたカバーアルバムを12月にリリース | neco眠る、中原昌也、岸野雄一、CARREなどが参加

オルタネイティブかつ、アヴァンギャルドにメジャーとアンダーグラウンドの間を縦横無尽に活動してきたテンテンコ。今年は海外でアナログ盤をリリースするなど、多彩な活動を行ってきた彼女が12月にネコをテーマにしたカバーアルバムをリリースする。

ムンクの世界観に共鳴した現代のクリエイターによる展覧会が開催 | 青葉市子、北村みなみ、小林うてな、OMSBなど22組が参加

先週末10/27(土)から、東京都美術館にて世界で最も知られている絵画『叫び』を描いたエドヴァルド・ムンクの傑作100点を展示する『ムンク展—共鳴する魂の叫び』が開催中だ。

名古屋・栄の地下通路を使用するイベントに環ROY、小林うてな、食品まつりが出演

9/16(日)に名古屋・栄の地下モール「Central Park」が閉店後に、地下通路を使ったイベント『Extra LIVE:道(未知)とのSo good!(遭遇)#1』が開催となる。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。