フォト・ジャーナリスト池尻安希とライターの渡辺志保によるアトランタをテーマにしたトークセッションが開催

アメリカのアトランタ在住のフォト・ジャーナリストでMigosなどにインタビューを行い、Lil Xanのオフィシャル・フォトグラファーとして活動する池尻安希と、アトランタ産ヒップホップをこよなく愛するライターの渡辺志保。

この両者によるトークセッション『ATL YAKAI』が、3/30(金)に渋谷・UNDERDEER LOUNGEで開催される。

このイベントでは現地にいないと分からない、ディープなヒップホップ情報を中心にお届け、これまでメディアなどには掲載されてこなかった裏話も披露されるかもしれない。

また、当日は池尻安希がこれまでに撮影してきた地元ラッパーや、アトランタのヒップホップシーンにとって重要なストリップ・クラブのポートレイトなども披露される。

Info

atl_yakai

【ATL YAKAI】
-Aki Ikejiri x Shiho Watanabe talk session-
場所:UNDERDEER LOUNGE
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-3-4 神南ビル B1
入場料: 1,500 yen + 1Drink
Open 19:00
Close 23:00

RELATED

【特集】渡辺志保のトロント訪問記 Vol.2 | 独自の文化が根付くパブリックアート、多様性を打ち出す先進的な都市

Vol.1はこちらから。 今回、一週間足らずの滞在ではありましたが、トロントはとてもインプレッシヴな街でした。個人的には、人生において二度目のトロント訪問。とは言っても、前回訪れたのは私が11歳頃の時。詳しい記憶はすでに霧の中…という感じですが、それでも、当時トロントで観覧したブロードウェイ・...

【特集】渡辺志保のトロント訪問記 Vol.1 | Drakeが愛し愛される街

2016年に発売されたDrakeの4thアルバム『Views』に収録されている"9"という楽曲。1ヴァース目の最後に、こんな歌詞があります。

【インタビュー】Metro Boomin | Gap『Archive Reissue: Logo Remix Collection』スペシャル

現在24歳のプロデューサーMetro Boominは昨年は21 SavageとMigosのOffsetとの『Without Warning』、Big Seanとの『Double or Nothing』という2つのジョイントプロジェクトに加え、多くのヒット曲を送り出し、現在のアメリカで最も成功しているプロデューサーの1人と称賛されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。