T.Iが「若い世代は旧世代から批判されることでリスペクトを得られると思っている」と語る

ヒップホップシーンでは世代間の抗争は常にどこかしらで起こっているものだが、最近話題なのはもちろんLil Xanだ。Lil Xanは2Pacの楽曲を「退屈」と述べてしまったことで、炎上。その後釈明に追われライブで"California Love"をプレイするなど火消しに必死だが、中々収まる雰囲気はない。

そんな状況を鑑みてベテランのT.Iがある発言を行った。

T.IはMTVとのインタビューにおいて、Lil Xanの件について言及し「若い世代のラッパーはリスペクトを得たい、彼らは旧世代から批判されることでリスペクトを得れると感じている」と、このような件が起こる構造を指摘した。

さらにT.Iは「Lil Xanは2PacやNotorious B.I.Gがどれだけの時間をかけて、偉業をなしとげたのかを気づいていない、彼がまだそれくらい時間をかけていないから」とLil Xanの未熟さを指摘した。

続けてT.Iはアスリートはスター選手になるためになしとげなければいけないことを気づいているが、ラッパーとして成功するためには必ずしもアスリートが経験するような道程を踏む必要がないことも比較して語った。

RELATED

T.I.がGucciを着ていた見知らぬ一般人男性を道端で叱りつける

先日、Gucciが発売したマスク付きセーターが黒人差別に用いられる表現「ブラックフェイス」に酷似しているとして問題視された。Gucciに対してはヒップホップシーンからも様々なリアクションが寄せられたが、不買運動の急先鋒に立ち強く抗議の声を上げていたのがT.I.であった。今回、T.I.が道端でGucciを着ている一般人男性に対して説教をしたことが話題となっている。

T.I.が突如「俺は2Pac以来の多才なラッパー」と主張

トラップのパイオニアとしてシーンに大きな影響を与え、近頃はGucciのブラックフェイスセーターへの抗議活動を行ったことも記憶に新しいT.I.。そんな彼が、突如として自身を「2Pac以来」だとしてセルフボーストを行なっている。

T.I.がGucciのブラックフェイスセーターを擁護したフロイド・メイウェザーに向けたディス曲“F**k N***a”をリリース

先日、Gucciが発売したセーターが古くから黒人を差別する表現として用いられてきた「ブラックフェイス」に酷似していたことが問題となった。ヒップホップシーンにも騒動は波及し、「あれは差別じゃない」として擁護したKodak Blackや「Gucciはサポートしないが“Gucci Gang”は歌い続ける」と宣言したLil Pumpなど様々なリアクションが見られたが、トラップの草分けであるT.I.はこのセーターに対し一貫して怒りを表明。そんな中、彼がこのセーターを巡ってプロボクサーのフロイド・メイウェザーをディスしたことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。