6ix9ineがThe Gameに続きYGともビーフに突入

コンプトンのギャングスタラッパーThe GameとSNSを通じてビーフを行っている話題のラッパー6ix9ineだが、また1人敵を増やしてしまったようだ。

6ix9ineが新たにビーフを行っているのは、The Gameと同じくコンプトンのブラッズに所属するラッパーのYGだ。

ことのきっかけは6ix9ineがラジオ番組『The Breakfast Club』に出演した際、YGについて「めちゃくちゃ昔熱かったラッパー」とロートル扱いしたのが原因。

それを聞いたのかYGはTwitterに"Fxxk 6ix9ine"と投稿。

その後Instagramにも「Bomptonのブラッズとして、ふざけるなよ6ix9ine」と再度投稿した。

ON RU’Z DOE

YGさん(@yg)がシェアした投稿 -

それに対し6ix9ineは、Instagramで応戦。「大の大人がよ。ガキに感情を乱されてるぞ、ブラッズ」とまたもお得意の煽りを行っている。

L ???

DAY69 IS OUT NOW !!!!!!!さん(@6ix9ine_)がシェアした投稿 -

YGとThe Game対6ix9ineという構図は、90年代にあったNYとLAの抗争と図式的には同じである。6ix9ineの煽りはどこまでLA側をヒートアップさせるのだろうか。『The Breakfast Club』で彼はLAのギャングをビビってないとも話している。

RELATED

YGが飛行機に搭乗できずアメリカン航空をレイシストだと批判

アメリカン航空といえば、これまでもMigosのOffsetやJoey Badassなど数多くのラッパーたちといざこざを起こしてきたことで有名だ。

6ix9ineに対し検察が最長で3年の実刑を課するよう要求する

常に危険と隣り合わせのキャリアを歩んでいる印象のある6ix9ineだが、今度は禁固3年の実刑を受ける可能性が出てきた。

6ix9ineがYGを更に挑発 | YGは「会える日が待ちきれない」と応答

ここ最近はChief Keefを始めとするシカゴ勢との抗争がメインとなっていた6ix9ineだが、今年の3月頃に始まり、しばらく落ち着いていたかのように見えたYGとのビーフが再燃しているようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。