Wendy'sがミックステープ『We Beefin』をリリース | マクドナルドとバーガーキングを痛烈にディス

昨日お伝えしたようにハンバーガーチェーンのWendy'sが、ミックステープ『We Beefin』をリリースした。

『We Beefin』には5曲を収録、Wendy'sのあのマスコットキャラクターに扮した女性ラッパーが、最新のトラップビートの上で時にダーティーに時にクールにスピットしている。

ミックステープ『We Beefin』にはComplexの指摘によればライバルチェーンのマクドナルドとバーガーキングに対する痛烈なディスのラインも。まさにタイトル通りの挑発的な内容だ。

Wendy'sといえば、Twitterでからかってきたユーザーを逆に煽り倒す、他チェーンとラップバトルを行うなど傍若無人な振る舞いで知られてきた。今回のEPに対してマクドナルドやバーガーキングからはまだ応答は返ってきてないようだ。

RELATED

Kanye Westが「マクドナルドが俺の好きなレストラン」と発言したことでバーガーキングに煽られる

先日「俺の目はしっかりと開いている」として政治から距離を取ることを宣言し、落ち着きを取り戻したかのように見えるKanye West。「クリエイティブになることに全力を注ぐ」として目下アルバム『Yandhi』を制作中の彼だが、そんな中思わぬ方向から攻撃を受けてしまっている。

Wendy'sがミックステープをリリースすることをTwitterでアナウンス

ハンバーガーチェーンのWendy'sがミックステープをドロップしようとしているようだ。Wendy'sのTwitterアカウントからは意味深なメッセージが発信されている。

ファーストフード史上最恐のウェンディーズのTwitterアカウントがマクドナルドの揚げ足を取る

アメリカのファーストフードチェーンの中でも、最恐と呼ばれているのがウェンディーズのTwitterアカウントだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。