GRADIS NICE & DJ SCRATCH NICEがフリービートテープ『SALTY CITY』をリリース

NYを拠点に活動するビートメイカーのGRADIS NICEと、最近ではBES & ISSUGIのアルバムにもビートを提供しているDJ SCRATCH NICEによるビートテープ『SALTY CITY』をリリースした。

このビートテープはどちらもサンプリングを得意とする両者のグルーヴィンでダイナミックなビートが楽しめる内容になっている。

SoundCloudではストリーミング再生が楽しめる他に、Datpiffではフリーダウンロードが可能となっている。

また今作のジャケットを手がけたのは2人の友人で、スケートブランドHellrazorのデザインも行うNY在住のToya Horiuchiだ。

Info

SALTY_CITY_FINAL

'Salty City"

ALL PRODUCED BY Gradis Nice and DJ Scratch Nice

Artwork by Toya Horiuchi
Gradis Nice // Instagram @gradisnice
                       Twitter @gradisnice
DJ Scratch Nice // Instagram @scratchnice
                              Twitter @djscratchnice
Toya Horiuchi // Instagram @toyahoriuchi
                          Website ; www.toyahoriuchi.com

RELATED

仙人掌の2ndアルバム『BOY MEETS WORLD』が6月にリリース決定 | DJ SCRATCH NICEが全面サポート

2016年にリリースされた初のオフィシャル・ソロアルバム『VOICE』が話題となった仙人掌。

GRADIS NICEがココナッツディスク代々木店限定ビートテープシリーズに登場

OMSB、VOLOJZAがリリースしてきたココナッツディスク代々木店限定のビートテープシリーズ第3弾にNYを拠点とするビートメイカーGRADIS NICEが登場、昨日から同店でリリースされている。

Fitz Ambro$eのレーベルPBMから自身のビートアルバムとGradis Niceによるミックスがリリース

東京を拠点に活動するカナダ出身のビートメイカーFitz Ambro$eが運営するレーベルPBMから、Fitz Ambro$e自身のビートアルバムとGradis Niceによるミックスがリリースとなった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。