Cardi Bが #MeToo を支持する偽物の「意識が高い」男性たちは信用できないと語る

Cardi Bは#MeTooムーブメントへの支持を表明する偽物の「意識が高い」男性たちを信頼していないようだ。 Cosmopolitan 4月号のロングインタビューにて、Cardi Bはその理由について語っている。「(#MeTooをサポートしている)プロデューサーやディレクターたちは、女性問題について意識的というよりは、ただ気が小さいだけなんだわ。」と彼女は話す。

Cardi Bはこのインタビューで#MeTooについて、たくさんの女性が彼女自身のようにこの運動から除外されていることについて議論している。人気リアリティショー番組『Love & Hip Hop New York』に出演し音楽業界でのキャリアを歩み始める以前、Cardiはストリッパーとして働いていた。そんな彼女はインタビューの中で、女性たちは「商品」として利用されていただけで、ハラスメントや過酷な職場環境に対する彼女たちの声が無視されてしまっていたという自らの経験について語る。

「たくさんのビデオ・ヴィクセン(ヒップホップ等のミュージックビデオに登場する女性モデルのこと)はこれについて声を上げているけど、誰も問題にしていないわ。私がヴィクセンになろうとしていた時に、男たちは『雑誌の表紙になりたいか?』と言って体を要求してきたわ。こういう女の子たちの誰かが立ち上がってこれを世間に話したとしても、『だからどうした?お前はヤスい女だろ。』と誰もそれを問題にしないと思う。」

Cardi Bは「社会的地位がある」女性たちには、#MeTooのようなムーブメントによって役割や尊敬がそのうち与えられるようになるだろうと語る。

そして、これこそが彼女がストリップダンサーとしての生き様をラップする原動力となっているようだ。「人は『なんで君はいつもストリッパーだったことについて歌ってるんだ』と尋ねてくるわ。それは、ストリッパーだったことを理由に皆が私をリスペクトしないからだわ。そして、あなたたちは今現在からストリッパーたちを皆リスペクトするようになるの。」と彼女は話す。

Cardi Bは最近、彼女のデビューアルバムを来月リリースすることをアナウンスしている。

Cosmopolitan での彼女のインタビューはこちらから。

(辻本秀太郎)

 

RELATED

Cardi Bが「曲を自分で書けない」という批判に対して返答

Netflixで来年より配信予定のラップリアリティ番組「Rhythm + Flow」の審査員として、Chance The Rapper、T.I.、そしてCardi Bがキャスティングされることが明らかになった。ラップファンが多いに注目する同番組だが、Cardi Bが審査員を務めることに対する不満の声が一部から噴出している。Cardi Bはリリックを別のラッパーと共作していることがあるので、他人のラップを審査する資格は無いという理屈だ。そのような批判に対して、Cardi B本人が自ら返答を行っている。

Cardi BがNicki Minajに対する激怒のメッセージをInstagramに連投

今年の9月頃より始まったCardi BとNicki Minajとのビーフ。NYで開催されたICON’S パーティでは取っ組み合いの喧嘩に発展するなど、二大フィメールラッパーが激しく争う様子は大きな話題を呼んでいたが、ここに来て二人のビーフが更にヒートアップしつつあるようだ。

Cardi BがASMRに挑戦

YouTubeには日夜様々なジャンルの動画が投稿されているが、その中にニッチながらも根強い人気を誇ってきた「ASMR」というジャンルが存在する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。