陽気な少年YoutuberがLil Yachtyの新曲を批評

ソーシャルメディアは、子供にとって大きなプラットホームとなり、新たなスターが生まれる場所となっている。ヒップホップもネットの世界では、みんなが楽曲を聴き方を変え、ラッパーの年齢を下げ、楽曲のリアクションムービーが生まれ、さらにリアクションムービーのリアクションムービーもが生まれたり、様々な進化を遂げた。

プラットホームとしても注目されるYoutubeに『PF』というアカウントを持つRoryもその1人。3/9、Roryはいつものようにラップのリアクションムービーを投稿。その陽気さで視聴者を和ませるも、的確なコメントに応援の声が集まっている。

Roryが公開した最新リアクションムービーは、Lil Yachtyの最新アルバム『Lil Boat 2』に収録されているLil PumpとOffsetを迎えた"Baby Daddy"。いつもはお父さんが帯同して撮影しているが、今回は仕事中のため不在だという。メロンジュースをグラスに注ぎ、霧吹きとポテトチップを用意し、Roryの準備は完了する。

"Baby Daddy"を聞き終わったRoryは様々な視点から3人に駄目だし。同曲の中でのLil Pumpは、「今までの客演に迎えた楽曲のなかで1番」と表し、Migosの大ファンでお気に入りのOffsetには「十分に力を出し切れていない『Culture 2』のムードを残している。彼にはもっと実力を発揮してほしいと思う」と年齢の割には辛辣なコメント送った。

Roryは"Baby Daddy"を「ビートはいい」と強調した。しかし、「この曲はめちゃくちゃ短い。もっと長いバージョンを聴きたいよ」と評価した。

Roryのリアクションムービーは今回が初めてではない。過去には、Run The JewelsやFrank Ocean、Tyler,the Creatorのリアクションムービーを『PF』に投稿している。そちらも合わせてチェックしてみてはどうだろうか。

RELATED

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。