Joey Bada$$がマリファナをやめて集中できるようになったと語る

昨年のLil Peepの死を受けて、多くのラッパーがXanaxなどのドラッグをやめることを宣言している中で、Joey Bada$$はまた彼独特の判断を行ったようだ。

Bada$$は先週Instagramのストーリーに、マリファナを2ヶ月と1週間やめているとポスト。

joey-badass-quits-smoking-weed

その理由についてもその後投稿している。

joey-badass-quits-smoking-weed-2

16歳からマリファナを欠かすことがなかったというBada$$だが、23歳になるのを契機にやめてみようと思い、それが続いていると報告。マリファナを止めて以来、とても集中できて、体も動きやすくなっていると感じているという。

さらに彼はマリファナは長年仕事をしてきた人たちがリラックスするために吸うもので、これからさらに色々達成したいと考えている若者のためのものではないと指摘する。マリファナをストレス解消のために吸っていたBada$$は、「瞑想の方がはるかに効果があるよ」と瞑想を勧めている。

続けてBada$$は、現代の人々が吸っているマリファナと1970年代のそれは違うものであると指摘、現代のマリファナは遺伝子組み換え作物によって栽培されており、マリファナが合法になっているのはビジネスとして儲かるだけではなく、人々をコントロールするための戦術だと陰謀論めいた持論を展開し、最後には「自分で調べて、その意識を持ち続けろ」と啓発的なコメントも残している。

果たしてBada$$の言うように現代のマリファナは遺伝子組み換え作物で栽培されているかについては真偽のほどは明らかではないが、ハイペースで動き続ける彼にはマリファナは不要なのは間違いないようだ。

RELATED

Lil Pumpが「ウィードを吸うのをやめた」と宣言

アルバム『Harvard Dropout』も好調なLil Pump。最近はPump Universityでの講義も続けるなど精力的に活動する彼が、なんとマリファナをやめたことを宣言した。

Joey Bada$$がトランプ大統領のモノマネ芸人に怪我をさせたとして訴えられる

軽い気持ちでじゃれただけのことが、時には思わぬトラブルの原因となることもあるようだ。Joey Bada$$が、トランプ大統領のモノマネで知られているコメディアン/俳優のPhillip Wilburnに暴力を振るったとして訴えられていることが明らかになった。

マリファナ販売サイトが閉鎖中のアメリカ政府機関の職員に無料で医療用マリファナを提供

アメリカでは昨年末より現在に至るまで、トランプ大統領による政府の一部閉鎖が続けられている。その影響で政府の職員は一ヶ月近くの間無給での労働を強いられており、Cardi Bが抗議を行うなど様々な方面から批判の声が寄せられている。そんな中、日本では予想も出来ない方法で連邦政府職員をサポートしようとする者が現れた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。