DJ PremierがLil Uzi Vertのことを「ヒップホップのことをよく知っている」と評する

ラッパーのRoyce da 5'9"とのデュオPRhymeとしてのアルバムを今週金曜日にリリースするDJ Premierが、DJ Boothのインタビューに登場。新作にフィーチャーされる予定だったLil Uzi Vertについて語っている。

Premierは新作の中の"Everyday Struggle"にLil Uziはフィーチャーされる予定だったとPremierは明かし、このように続けた。「RoyceがLil Uziにフックのデモが入った曲を渡したが、彼はそのフックを歌うのを拒否し、『おれは自分でフックを書いて、バースもやりたい。おれはこういうビートでもラップができる』と返答してきた」

しかし結局Lil Uziのスケジュールが過密すぎたのもあり、アルバムには収録されなかったが、Premierは「リミックスか別の作品でリリースするよ」とも話している。さらにPremierは以前Lil Uziと電話で話したとも述べている。それはLil Uziが2016年にラジオ番組に出演した際、DJ Premierの手による名曲"Mass Appeal"のビートでのフリースタイルを拒否したことがきっかけだったという。

「おれはLil Uziと電話で話したよ。おれたちはおれたち世代と彼らの世代のミスコミュニケーションを解消したんだ、ドープな話だった」と電話について振り返り、Lil Uziをこう評した。「彼はとてもよくヒップホップを知っている。人々は彼が作っている曲のスタイルのせいで、彼がおれたちの世代をよく知らないと考えているが、彼はおれにこう言ったよ。『Ebroが"Mass Apeal"のビートを流したときに、おれはやりたくないと言ったけど、もし彼が"Full Clip"のビートを流してたらおれはやっていたね』とね」

"Full Clip"もDJ Premierが手がけたGangstarrの楽曲で、つまりLil UziはDJ Premierの楽曲もよく理解した上で、フリースタイルを拒否しており、単に楽曲を知らなかったからという理由で拒否したのではないということだ。さらにLil UziはPremierに対して、「みんなおれがフィラデルフィア出身ということを忘れてしまってるんだよ。フィリーは全てをよく知っているから」と、NYとほど近いフィラデルフィア出身の自分は、昔のヒップホップについてもよく知ることができる環境だった旨を話している。

確かにLil Uziは実は今のようなスタイルではなく、オーセンティックなフロウでもラップできることが昔の楽曲からも知られているので、Premierが言うようにヒップホップをよく知っており、その上で今のようなスタイルを掲示しているのだろう。DJ BoothによるDJ Premierのインタビューは本日本編が公開予定だ。

RELATED

Lil PumpとLil Uzi Vertによるコラボ曲"Multi Millionaire"が公開

Lil Pumpが今月リリースする最新作『Harverd Dropout』に収録される見込みのLil Uzi Vertとのコラボ曲"Multi Millionaire"が公開された。

Lil Uzi Vertが本名のSymere Woods名義で8曲の新曲をリリースか

現在最新作に取り組んでいると言われるLil Uzi Vert。日本のアニメを参照した新曲"New Patek"も話題となっているが、他にも謎の新曲をリリースしたと言われている。

Lil Uzi Vertにパロディされ続けるカルト宗教団体「Heaven's Gate」残党が訴訟に向けて動き出す

Lil Uzi Vertの『Eternal Atake』と”New Patek”のアートワークカバーが、カルト宗教団体「ヘヴンズゲート」の著作権を侵害していると「ヘヴンズゲート」の残党メンバーが訴え、本格的に訴訟を起こすとのこと。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。