Big Seanが故郷デトロイトに映画館を建設するプランを明らかに

デトロイト出身のラッパーBig Seanが、生まれ故郷に大きな恩返しを計画中であることを明かした。

今週水曜日にBig Seanは記者会見を行い、映画館事業を行っているEmagine Entertainmentと共にデトロイトに2020年までに映画館を建設する計画を明らかにした

計画通りにいけば映画館には10~12のスクリーンが設置され、1300席以上の客席を持つものになるという。さらに映画館としての機能だけでなく、ライブスペースとして使用できるように計画中とのことだ。

Big Seanは「俺たちは革新的なことをしたかったんだ」と話し、「ただの伝統的な映画館を作ることはしたくなかった、全てのコミュニティーのためのエンタテイメントのハブになる場所にしたい。この場所がデトロイトに旅行で来るための動機になるようなものを作りたい」と意気込んでいる。

まだこの施設がデトロイトのどこに建設されるかはわかっていないが、デトロイトの中心地になる予定だという。Big Seanの故郷に対する思いは、どのような形で地元に還元されるのだろうか。完成が待ち遠しい。

RELATED

PUMAとBig Seanによる2018 AWコラボコレクション

PUMAとラッパーのBig Seanによる2018年秋冬コレクションが、先週末に発売開始された。

Big SeanとPUMAによるデビューコレクションが発表 | Suedeやアパレルも展開

ラッパーのBig Seanが、PUMAのクリエイティブコラボレーター兼ブランドアンバサダーに就任して初となるデビューコレクションを発表した。

アンチの多いBig Seanが同じく批判に悩むBryson Tillerを励ます

Big Seanはインターネットで必要以上にアンチから叩かれている。様々な批判を浴びたBig Seanは同じような立場にいたBryson Tillerに批判してくる人との向き合い方についてアドバイスした。 ネットでよく「Big Seanの書くリリックは酷い」と書き込まれるのを目にする。コンスタ...

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。