男女差別問題を受けて45の音楽フェスが2022年までに出演アーティストの男女比を平等にすると公言

男性アーティストばかりの音楽フェスの時代がもう終わるかもしれない。45個のフェスが2022年までに出演アーティストの男女比を50:50にすると約束した。

先月のグラミー授賞式で物議を醸した、女性アーティストの受賞の少なさ。「音楽業界は女性軽視の傾向がある」と、不満の声が挙がった。そしてそれは音楽フェスも同様である。BBCの調査によると、昨年開催された音楽フェスのヘッドライナーは、80%以上が男性アーティストだったそうだ。

先日ラインナップが発表されたUKの音楽フェス『wireless』は、出演する女性アーティストがたったの3名しかおらず批判を浴びている。シンガーソングライターのLily Allenが投稿した、フェスのポスターから男性アーティストを全て消した画像を見ると一目瞭然である。

アーティストや作曲家を支えるイギリスの財団『PRS Foundation』は、女性の音楽業界での活躍促進のために『Keychange』という新提案を掲げた。2022年までに音楽フェスに出演するアーティストの男女比が50:50になることを目標としている。

すでに45個の音楽フェスが『Keychange』に賛同しており、2022までに男女比を均等にすると公言。イギリスの『The Great Escape』、『Cheltenham Jazz Festival』、『Sound City』や、『BBC Prom』。他にもアメリカやカナダのフェスも、この新提案『Keychange』を支持すると発表した。

「昨年、イギリス国内で開催されたフェスの出演アーティストのうち、女性は26%であった。5年後にはこの倍になることを見据えている」と『PRS Foundation』のCEOであるVanessa Reedは語る。「大胆な目標ではあるが、決して不可能ではない」と彼女はいう。

一方、先述の『wireless』や、『Reading Festival』『Leed Festival』といったUKの大規模フェスをマネジメントしているMelvin Bennはこの新提案に賛同していない。具体的な数字を目標としなくてもいいのではないかと考えているようだ。

『50:50にしなければならない?それが正しいやり方だとは思わない」と彼はコメント。

代わりに彼の運営する『Festival Republic』はプロジェクト『ReBalance』を発案した。これは36人の女性アーティストにスタジオレコーディングを提供するという試み。今後3年間、毎月1人の女性アーティストに、1週間スタジオでレコーディングできる環境を設け、フェスに出演できるチャンスも与えるというプログラムである。さらに『ReBalance』はエンジニアやプロデューサーを目指す女性もサポートしていくとのこと。

女性アーティストの母数を増やし、音楽フェス側の女性アーティストを選ぶ選択肢を増やすことが狙いだ。「男女平等の考えは支持する。私は(Keychange)とは違う方法を提案するが、目指すところは同じである」とMelvin Bennは主張する。

確かに音楽フェスの男女比には大きな差があるが、もともと男性アーティストの方が多いのも事実。『Keychange』と『ReBalance』の活動によって今後の音楽フェスのラインナップはどう変わって行くのだろうか。

RELATED

スペインで行われたフェスでラッパーが煽ったことが原因で遊歩道が崩落し300人以上が負傷

先日、FNMNLではアメリカで開催されたフェスLollapaloozaでのLil Pumpのライブが危険と判断され、予定より早く打ち切られたというニュースを取り上げた。

史上最悪のフェス『Fyre Festival』のドキュメンタリーがHuluで2019年に放送決定

昨年4月末から5月にかけて2週間連続で、バハマで開催される予定だった『Fyre Festival』をご存知だろうか。

アメリカの2017年のヒット曲における男女間の格差をテーマにした研究が発表

南カリフォルニア大学の研究機構、USC Annenberg Inclusion Initiativeが新たな研究を発表し、「2017年の音楽業界は男性に偏ったものであった」といった報告を出した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。