BlackEyePatch 2018SS LOOKBOOK | 00年代前半のNYのヒップホップカルチャーをモチーフ

マーチャンダイズ的なアイテム作りを経て、 2015AWよりフルラインナップでのコレクションを展開してきたBlackEyePatchの、2018SS LOOKBOOKが公開された。

今シーズンはブランドのルーツの1つでもある、00年~05年周辺のNYのヒップホップカルチャーをモチーフとしたコレクションを展開。ラグジュアリーカーのトレンドがピックアップトラックから、ロールスロイスなどに移行し、アーティストのミュージックビデオには、NOKIAやMOTOROLA、Blackberryなどの当時の最新のモバイルが小道具として登場した時代を、BlackEyePatchの考える”東京”感としてリデザイン、エディットしたコレクションとなっている。

LOOKは昨年のAT TOKYOのショーのバックステージをカメラマンの赤木雄一が撮影したもの。

■LOOK

Photo_Yuichi Akagi

Styling_Michio Hayashi

Info

http://blackeyepatch.com

RELATED

BlackEyePatchが小浪次郎による写真展『SCARS』を開催し同名の写真集を出版 | A-THUG、SEEDA、STICKYが登場

BlackEyePatchが企画しNYを拠点に活動する写真家、小浪次郎による写真展『SCARS』が12/15(土)から東京・原宿のCOMMON GALLERYで開催される。そして同名の写真集となる『SCARS』も出版決定。 この写真展のモデルとなっているSCARSとは、もちろんラッパーのA-T...

BlackEyePatchの2018 FW Collection LOOKBOOK | 00年代のヒップホップカルチャーをモチーフ

「東京」をアイデンティティーとした自分たちの表現を掲げ、コレクションを展開しているBlackEyePatchから、2018 FW CollectionのLOOKBOOKが到着した。

大阪のセレクトショップACHROMAの4周年を祝してAEVIL LABELS × BlackEyePatch × WHIMSYによるエクスクルーシブアイテムを発売

大阪、堀江にあるセレクトショップ、ACHROMAの4周年を祝い、東京を拠点にするブランドBlackEyePatchとAEVIL LABELS、大阪を拠点とするWHIMSYがトリプルコラボレーションを行った、エクスクルーシブアイテムを発売する。 3ブランドのアイデンティティをストリートに表現した...

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。