Young Thugが聾唖の兄弟のために今年は作品をリリースしないと語る

今週SEXという大胆な名義への変更を主張したYoung Thugが、今年は一切作品をリリースしないとHypebeastの動画インタビューで答えている。

Thugはインタビューの中で、「自分には聾唖の兄弟がいる」と明かし、「彼は耳が聴こえなくて、話すこともできない。だからおれも今年は聾唖者として過ごしたい。おれは今年は曲をリリースしない」と、その兄弟へのリスペクトの意味を込めて、今年は一切自身の作品はリリースしないと述べている。

次にリリースするのは2019年になるとのことで、制作中とみられている新作『Hi-Tunes』をリリース予定だともThugは話した。

RELATED

Kanye Westがニューアルバム『Yandhi』をリリースか? | Young Thugは新作に参加させてくれなかったらもう口をきかないとツイート

先日、長らく噂されてきたChance The Rapperとのコラボアルバム『Good Ass Job』のリリースを宣言したKanye West。リリースが大変待ち遠しいが、KanyeはChance The Rapperとのコラボアルバムの前に自身のニューアルバムをリリースするかもしれない。

新作『On the Rvn』をリリース間近のYoung Thugが違法薬物所持で逮捕される

Young Thugは明日9/13(木)にニューアルバム『On the Rvn』をリリースすると先週末に告知していた。

Young Thugが新作『Slime Language』のリスニングパーティーで逮捕される

Young Thugがリリースを予告していた新作『Slime Language』を、先ほどリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。