フィーチャーされるはずだったDrakeの "God's Plan" についてTrippie Reddが言及

Drakeのニューシングル"God's Plan"は全米シングルチャートにおいて現在3週連続1位と大ヒットを記録している。しかし、この曲の成功に乗り損なった者もいる。この曲のリークされたヴァージョンには、オハイオ出身の新鋭ラッパーTrippie Reddのパートが含まれていたが、公式リリース時には彼のパートがカットされていたのだ。

1月末のリリースから1ヶ月も経っていないが、この曲は既に大ヒットとなりっている。プロデューサーのBoi-1daはこの曲が「すぐさま」ヒットすることが分かったと話しているし、また Drake本人はこの曲のミュージックビデオについて「これまでのキャリアの中で成し遂げた最も重要なもの」とまで呼んでいる

しかしながら、Trippie Reddはこの成功を味わえなかった。"God's Plan"がリリースされる前、Trippie ReddのDJがニューヨークのパーティーでこの曲の初期ヴァージョンの断片が流されたが、このリークを聴いた多くのファンは、Trippie ReddがDrakeの楽曲に参加しているものだと考えていた。

リリースされたバージョンで、Trippie Reddが外されている理由は明かされていないが、彼のDJは「曲の断片がリークしてから長い時間が経っていた。去年からだったから。そして、Trippieは彼のヴァースの半分を終えていただけだったんだ。Drakeは話題性を膨らませたかったのだと思う。DrakeとTrippieは一緒に良いものを作ってたよ。」とコメントをしている。

また、今週木曜日には、1人のファンがDrakeのInstagramの投稿に、「お前は巨大なチャンスを逃した」とTrippie Reddをタグ付けてコメントをしている。これに対し、Trippie Reddは「その通りだね。だけど俺はこれについて卑屈になったりしないよ。まだまだ機会を得るための時間はたくさんあるからね。」とリプライをしている。さらには、ここには今後のコラボレーションの可能性を示唆するかのような"1400/OVO"という意味深なメッセージも添えられている。

  実際、"God's Plan"のリリース後からTrippieがスタジオでDrakeや40と共にいる姿はSNSを通して露出しており、またTrippi自身も「作品ができているよ、まだミックスやマスターが必要だけど」と、Drakeと共に制作を行なっていることを匂わす発言も残している。

したがって、今回はNo.1を生むことができなかったTrippie Reddであるが、遠くない将来に彼のOVOとのコラボレーションが見られる可能性は十分に期待できるといっていいだろう。

RELATED

Trippie ReddとSlim JxmmiがSNS上で激しくディスりあう

Trippie ReddとRae SremmurdのSlim JxmmiがSNS上で火花を散らしている。今回のディスり合いが始まったきっかけは、JxmmiがRae Stremmundが「終わった」と発言した事に、Trippieが冗談交じりに「ついにSwaeのパートしかみんな聴いてない事に気づいたか」と反応した事からだ。

Trippie ReddがLil Uzi Vertとのコラボを熱望

今年のXXL Freshmanにも選出され、待望のデビューアルバム『Life's a Trip』をリリースするなど、飛躍の年となったTrippie Redd。

Trippie ReddがKanye Westにシカゴに新しい病院を建てるために3000万ドルを寄付してほしいと語る

先日、ニューアルバム『Life's a Trip』をリリースしたTrippie Reddがロサンゼルスのラジオ番組Power 106に出演。シカゴ出身のアーティストがなぜ地元にもっと貢献しないのか疑問を投げかけた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。