『In Living Color』をオマージュしたCardi BとBruno Marsの新曲を元出演者のジム・キャリーが絶賛

Cardi BをフィーチャーしたBruno Marsの"Finesse (Remix)"。90’sライクなミュージックビデオを公開し話題となり、今回のオマージュの元ネタである90'sのTVシリーズ『In Living Color』のキャストであったJim CarreyがTwitterで絶賛している。

「90年代の気分に戻れる」とSnoop Doggも絶賛する、今回リリースされた新曲"Finesse (Remix)”。公開された90’s風のミュージックビデオは、90年代のアメリカのTVシリーズ『In Living Color』への敬意を込めたオマージュだ。ウェイアンズ兄弟を始めとし、Jamie FoxxやJennifer Lopezが出演し数々のスターを輩出したコメディドラマである。Jim Carreyは1990から1994まで出演し、これをきっかけにブレイクした。

024543105176

Jim Carreyは自身のTwitterで"Finesse (Remix)”のミュージックビデオについて、「最高な曲。美しい思い出。ワクワクしたよ。Spank Youありがとう!(Spank youはJim Carreyがサンキューの変わりに使うギャグ)」とツイート。

これに対してCardi BはInstagramでJim Carreyのツイートのスクショを投稿。「きゃー!ジムキャリー大好き。とっても嬉しい」と歓喜に溢れた反応している。

Ommmmgggg .I love Jim Carey ???This makes soo happy??

Cardi B Official IGさん(@iamcardib)がシェアした投稿 -

この1週間前には同じく『In Living Color』に出演していたJennifer Lopezが、『In Living Color』時代のダンス映像をInstagramに#Finesseというタグをつけて投稿しエールを送った。

#TBT #inlivingcolor #onceaflygirlalwaysaflygirl #killingitsinceforever #finesse #jlo

Jennifer Lopezさん(@jlo)がシェアした投稿 -

『In Living Color』を手掛け、企画、脚本、主演をこなしたウェイアンズ兄弟たちも"Finesse (Remix)”を褒め称えている。

今のところ参加した楽曲全てがチャート入りしているCardi B。今回の"Finesse (Remix)”は『In Living Color』世代だけではなく、多くのファンが絶賛しており、オリジナルバージョンが収録されているBruno Marsのアルバム『24K Magic』がビルボードアルバムチャートに再びランクインした。

RELATED

Cardi Bをテーマにした社会学のカンファレンスが開催

黒人社会学者協会(Association of Black Sociologists)が毎年開催するカンファレンスイベントが今年はCardi Bをテーマにした。社会学的観点でCardi Bを見た社会学者達によるトークイベントと討論会である。

Cardi Bが元マネージャーを訴える

先日、自身の楽曲“I Like It”が全米シングルチャート1位を獲得し、史上初めて複数の楽曲で1位になった女性ラッパーとして大きな話題を呼んだCardi B。

Cardi Bの"I Like It feat. Bad Bunny & J Balvin"が全米シングルチャート1位を獲得 | 史上初めて複数の楽曲を1位に送り込んだ女性ラッパーに

昨年の"Bodak Yellow"の大ヒットで、一躍トップスターの仲間入りを果たしたCardi Bがまたしても偉業を達成した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。