クリスマスの翌日に21歳の従兄弟を銃殺されたRihannaが銃犯罪の根絶を訴える

Rihannaの従兄弟で21歳のTavon Kaiseen Alleyneさんが、Rihannaの出身地であるバルバドスで先日射殺されたことが明らかになった。Rihannaは12月27日にInstagramでTavonさんとの写真を投稿し、銃による暴力の根絶を訴えている。

報道によると、26日の午前7時頃(現地時間)にバルバドスの南西にあるセントマイケルにある自宅近くの路上で、Tavonさんは散歩中のところを何者かに複数回撃たれたという。犯人はその後逃走し、Tavonさんは搬送先の病院で息を引き取ったと伝えられている。警察は現在も犯人を捜索中だ。


Rihannaは写真に「従兄弟よ、安らかに… 腕にあなたを抱えていたのがほんの昨日のことだったって信じられないわ。あなたの温もりを感じるのが最後になるなんて思いもしなかった。あなたをずっと愛しているわ」という言葉と、#endgunviolenceという銃暴力の根絶を訴えるハッシュタグを添えている。

バルバトスの地元メディアによると、Rihannaは事件前日にクリスマスの家族の集まりでTavonさんと共に過ごしていたという。

 

"It's nice to wake up" Be grateful for life man. #RIPTavon @merka_95

A post shared by badgalriri (@badgalriri) on


また、先ほどの写真に続きRihannaは上の動画を投稿しており、ここでは生前のTavonさんが「朝目覚めることは素晴らしい」と話す姿が映されている。

 

(辻本秀太郎)

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Cardi Bが新曲“Money”のアートワークで着けている金のグローブをRihannaが「今まで見た中で一番ゲットーなブツ」と表現

昨日リリースされたCardi Bのシングル“Money”。同曲は先日オフィシャルリリースの前にリークされてしまい、絶賛ビーフ中のNicki Minajのファンによってリークが行われたという説もあるため今後彼女たちのビーフは増々殺伐としていきそうだ。しかし、そういった話題以上に“Money”のアートワークでのCardi Bのファッションが注目を集めている。

Rihannaがコリン・キャパニック選手をサポートするため2019年スーパーボウルハーフタイムショーのオファーを拒否

アメリカ最大のイベントであるスーパーボウル。その目玉となるハーフタイムショーには音楽ファンならずとも毎年大きな注目が集まっているが、来年開催される第53回スーパーボウルのハーフタイムショーのオファーをRihannaが断っていたことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。