2017 Best Or Worst by MAHBIE

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

岩手の大地に育まれたビートレスラーで、今年1stアルバム『Space Brothers』をリリースしたMAHBIEの2017年のベストとワーストは?

2017 Best by MAHBIE

日本幽霊出的台湾(NIPPON YUREI FROM TAIWANG) - 『S/T』

コメント

日本幽霊出的台湾(NIPPON YUREI FROM TAIWANG)のアルバムを紹介します。
彼が日本、中国、タイ、インドネシア、などのアジアの音楽をアジア人として解釈した音楽作品集です。この作品から新しいアジアや今そこにあるアジアが感じ取れるはず。湯界を聴いたら是非温泉へ。OP-1 wizards STEEEZO"EEE"がマスタリング担当してます。

2017 Worst by MAHBIE

盛岡市菜園 第2樋下ビルの取り壊し

worst1

worst2

worst3

コメント

DJ BAR DAIやMAD DISCOが営業していた第2樋下ビルが老朽化のため取り壊されました。本当にたくさんの思い出をありがとうございました。

来年の告知

今年はアルバムをリリースさせてもらったり、田我流さんのバックDJをやらせてもらったりと良い一年でした。皆様ありがとうございました。来年もいい曲を作れるように頑張ります。年明け最初の出番は1/13(土)に安比高原スキー場で開催される東北の冬の祭典『APPI JAZZY SPORT』です。

MAHBIE

MAHBIE

岩手の大地に育まれたビートレスラー。山梨在住。各地でBEAT LIVE巡業を重ねる。
DJ KIYO、DJ CHOKU、grooveman SpotのMIX CDへのTUNE INを経て、自身のビート集"FLYDAY NIGHT BLUES EP"を発表。
2017年 APPI JAZZY SPORTにトップバッターとして出場。
同年秋にはJAZZY SPORTから1st アルバム『Space Brothers』、客演に田我流、Bobby Bellwoodを迎え、STEEEZO"EEE" Remixを収録した7インチシングル『Space Brothers』をリリース。
最近は田我流のBACK DJもこなす。生きとし生けるものすべてに感謝し、ユルクフトクアソンデイル。

RELATED

SWAGGERによるパーティーに田我流&MAHBIEやKojoe、grooveman Spotなどが出演

ヒップホップカルチャーに大きな影響を受けて活動してきたブランド、SWAGGERが6/8(金)に東京・渋谷HARLEMを舞台に"REBORN"をテーマにパーティーを開催する。

TOSHIKI HAYASHI(%C)のアルバム『THREE』に収録された"little life ft. Kan Sano & JJJ"が7インチ化 | MAHBIEリミックスも収録

HOOLIGANZやchelmicoのバックDJとしても活躍するビートメイカーTOSHIKI HAYASHI(%C)が、昨年リリースした3rdアルバム『THREE』に収録されている"little life ft. Kan Sano & JJJ"が7インチでリリースされることになった。

2017 Best Or Worst by ANI(スチャダラパー)

2017年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。