2017 Best Or Worst by 思い出野郎Aチーム

早いもので2017年も、もう12月。今年も音楽、ファッション、それぞれのシーンの内外で様々なトピックが生まれた1年だったのは間違いなし。そんな1年をFNMNLに振り返る企画『2017 Best Or Worst』。アーティストやデザイナー、ショップオーナーなど様々なジャンルで活躍する方々に、個人的なベスト、もしくはワースト、もしくはその両方をピックアップしてもらい激動の2017年を回顧する。

今年カクバリズムより2ndアルバム『夜のすべて』をリリースした思い出野郎Aチームの各メンバーの今年のベストは?

2017 Best by 岡島良樹(Dr)

The Dap-Kings Perform a Moving Tribute to the Late Sharon Jones

コメント

今年の11月に惜しくも亡くなったシンガーSharon Jonesへのトリビュートパフォーマンス。陽気におどけたりステージで踊りまくる太陽のような彼女と、クールに支えるバンドメンバーたちの映像を数年前から、よくチェックしていました。ライブの合間の家族のように仲良く過ごすほほえましい姿もありました。最近は別のプロジェクトなどで揃う機会の無かった面々が、勢ぞろいしての彼女へ向けた演奏にぐっと来てしまいます。

2017 Best by 斎藤録音(Gt)

Visible Cloaks - 『Reassemblage』

unnamed-1

コメント

ふだんアンビエントはあまり聞きませんが、とても良くて、研ぎすまされた音色に心打たれました。

2017 Best by 宮本直明(Key)

autechre  - 『Quaristice』

unnamed-2

コメント

オウテカの2008年作ですがなぜか今年よく聴いていました。

2017 Best by 長岡智顕(Ba)

Fender Strap Blocks

コメント

ここ1年、いや10年の中でも衝撃的な便利グッズでした。

2017 Best by 松下源(per)

ねじめ正一 -『荒地の恋』

9784163263502_1L

コメント

荒地派の詩人であり、翻訳家でもある北村太郎の晩年の激しい恋を丹念に描いた一作。田村隆一の豪傑でありながら繊細な人柄と、そこから離れたくても離れられない妻明子と、家庭を捨ててまで明子に猛烈な恋をする北村太郎の行き場もなくどうしようもない老人たちの恋愛に衝撃を受けました。

2017 Best by 山入端祥太(Tb)

思い出野郎Aチーム

unnamed

コメント

個人的な話になってしまうけれど、何と言っても2017年は再び思い出野郎Aチームに再び参加できたことがBESTな出来事でした。一度バンドを離れて、お客としてたくさん遊びに行ってはいたけれど、一緒に移動したり酒を飲んだり意見を交わし合うあの日々がまた戻ってきたことは最高にエキサイティングです。誘ってくれた仲間たちに感謝です。

2017 Best by 増田薫(Bsax)

オブラディオブラダ

コメント

今年生まれて初めて出演したラジオ(ラジカク)で人生初選曲しました。そこそこウケてたようで、よかったです。

2017 Best by 高橋 一(Vo.Tp)

ファミマの焼き鳥

コメント

毎週バンドのリハ後は皆でファミマで飲んでいるのですが、近年まさかの焼き鳥がラインナップに。もはやファミマがある街は巨大な居酒屋です。

来年に向けての告知

DOFm7x5VwAAH0C1

DOFm7bWVQAAG2xK

2017.12.23(SAT)
代官山UNIT&SALOON
『思い出野郎Aチーム presents SOUL PICNIC』
LIVE
思い出野郎Aチーム / BANDERAS / KID FRESINO / ロンリー / U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESS
DJ
やけのはら / マイケルJフォクス / Kuni lopez / VIDEOTAPEMUSIC / HALFBY

思い出野郎Aチーム

omoide_2017A

2009年・夏、多摩美術大学にて結成。ファンク、ソウル、レゲエ、ディスコ、アフリカンミュージック、パンク、飲酒を織り交ぜたスタイルで活動中。FUJI ROCK FESTIVAL、Sunset Live、カクバリズムの夏祭りなど、数多くのフェス、イベントに出演。また、メンバーは、VIDEOTAPEMUSIC、Y.I.M.、G.Rinaなどのミュージシャンのライブサポート、レコーディングへの参加など、多岐にわたって精力的な活動をしている。2015年、mabanuaプロデュースによる1stアルバム『WEEKEND SOUL BAND』をリリース。2017年8月、カクバリズムより2ndアルバム『夜のすべて』をリリース。

OFFICIAL HP

http://oyat.jp

 

RELATED

オートモアイの個展が江ノ島オッパーラで開催 | 最終日には思い出野郎Aチームによるパーティーも

表情が描かれない女性像のドローイングで高い人気をほこるオートモアイが、10/10(水)から10/14(日)まで江ノ島オッパーラで個展『unknown window』を開催する。

思い出野郎Aチームの最新EP『楽しく暮らそう』から斎藤録音が主演した"去った"のミュージックビデオ

思い出野郎Aチームが本日リリースした1stEP『楽しく暮らそう』から、高揚感たっぷりのアップテンポな哀愁ノーザン・ソウルな1曲"去った"のミュージックビデオが公開となった。

思い出野郎AチームがEP『楽しく暮らそう』のリリースを記念したワンマンを東京と大阪で開催

9月に1stEP『楽しく暮らそう』をリリースする思い出野郎Aチームが、リリースを記念したワンマンライブを東京と大阪で開催する。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。