J DillaがどのようにMPC3000を使いこなしたかを解説するムービー

ヒップホップの歴史において、後世に多大な影響を与えるようなビートを数多く残したデトロイトのプロデューサー/ビートメイカーのJ Dilla。YouTubeチャンネル・Voxが、彼がリズムマシンで作ったビートの秘密に迫った動画を「伝説的なヒップホッププロデューサーにがどのように機械を人間らしくしたか」というタイトルで公開した。

2006年に惜しくもこの世を去ってしまった彼は生前、Erykah BaduやJanet Jackson、そしてBusta RhymesやMadlibに至るまで、数え切れないほどのアーティストやプロデューサーと共に作品を残した。そして、彼のスタイルを語る上で欠かせないのはAkaiのMPC(Midi Production Center)の存在だ。

動画は、1994年に登場したMPC3000がJ DIllaだけでなくDr.DreやQ-TIPといった多くのヒップホップ界のプロデューサーたちを魅了したと紹介。続いて、後世に大きな影響を与えたJ DillaのMPC3000の使用法について解説している。

まずは彼の特徴的なリズムパターンについて。J Dillaはロボティックなドラムマシーンのリズムを人間らしくするために「クオンタイズ」の機能をあえて使わずにリズムを作っていたことが紹介されている。「クオンタイズ」機能とは、人間がパッドを叩きながらリズムを打ち込む際に、拍から微妙にずれたタイミングで叩いてしまうのを機械が正確な拍に修正してくれる機能のことだ。多くのプロデューサーにとってこの機能の使用が当たり前だったなか、「クオンタイズ」を使わないことによって生まれるDillaのルーズなリズムは多くのアーティストに衝撃を与えたという。動画の中でThe Rootsのドラマー・Questloveは、このリズムを「酔っ払った三歳児のキックみたいだった」と語り、「これが許されるのか?と最も開放的な瞬間だった。」と当時の影響の大きさについて語っている。

また、動画の終盤では、Dillaの死の三日前に発売されたアルバム『Donuts』に収録されている楽曲"Don't Cry"における、彼の驚くべきサンプリング方法が紹介されている。1973年のThe Escortsの"I Can't Stand(To See You Cry)"をサンプリングしているこの曲では、中盤から「これがMPCで出来ることだ」と言わんばかりのプレイを聴くことができる。通常サンプリングというと、上物が鳴らしているメロディーや歌のフレーズを基準に元の音源を切り取ることが多い。しかし、ここでDillaはメロディーを無視し、キックやスネア、シンバルといったようにドラムの音単位で原曲から音源を切り取り、これをパズルのピースようにドラムマシンのパッドに割り当てて演奏することで、全く新しい曲を生み出しているというのだ。

RELATED

J Dillaの音作りの秘密に迫る書籍『J・ディラと『ドーナツ』のビート革命』が5月に刊行 | 序文を独占公開

早生の天才ビートメイカーJ Dilla。今なお世界中で聴かれ続けているJ Dillaサウンドの秘密に迫る書籍、『J・ディラと『ドーナツ』のビート革命』が5月にDU Booksより邦訳・刊行される。

J Dillaの未公開映像と音源を収録したデトロイトのプロデューサーに焦点を当てたドキュメンタリー

デトロイトの伝説的プロデューサーJ Dillaの未公開映像と音源がJ Dillaのドキュメンタリー作品に収録されることが明らかになった。

Stones Throwが20周年を記念したMIXを公開。中にはJ DillaやMadlibの未発表曲も

Stones Throwが20周年を記念したMIXを公開。DJ MIXの中にはJ DillaやMadlibの未発表曲も。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。