書籍『丸屋九兵衛が選ぶ、2パックの決めゼリフ』が刊行 | 2PACが残した700曲のリリックから名セリフを選出

2PACの伝記映画『オール・アイズ・オン・ミー』の公開を記念して、映画の字幕監修を担当したブラックカルチャー紹介の第一人者にして特殊映画界の御意見番こと丸屋九兵衛による書籍『丸屋九兵衛が選ぶ、2パックの決めゼリフ』が刊行される。

本書は丸屋が同作の重要場面と、2パックが残した700曲強ぶんのリリックから、独断と偏見で名セリフを選出。それらのフレーズを解説しながら、彼の生涯とその時代背景について(映画では描かれないことも含めて)多角的に描き出す。

没後20年が経ち、改めて注目される2PAC。25年の人生を走り抜けた天才の魅力と多面性を浮き彫りにする、ヒップホップ/アメリカ文化エッセイ集となる。

また映画公開と同日の12月29日にパルコ出版から、 こちらは「翻訳 by 丸屋九兵衛」という体制で 2パック詩集の新訳版『ゲットーに咲くバラ』が発売予定だ。

Info

isbn909087065
丸屋九兵衛が選ぶ、2パックの決めゼリフ

2017年12月22日発売

著 者:丸屋九兵衛
体 裁:新書判/並製/ 192 頁予定
価 格:本体1200 円+税
ISBN:978-4-909087-06-5
発 行:スペースシャワーネットワーク

SPACE SHOWER BOOKS 書籍紹介ページ:
http://books.spaceshower.net/books/isbn-909087065

RELATED

書籍『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が刊行 | 日米の歴史をカバーしたビギナーにも最適な1冊に

NHK FMで放送され話題となった番組『今日は一日“RAP”三昧』が元となった書籍、『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』が、10/30(火)に発売される。

ダンスホールレゲエの歴史を紹介する書籍を刊行するためのクラウドファンディングがスタート

RihannaやDrakeなどによって、さらに注目を浴びている音楽ジャンル、ダンスホール。

Suge Knightの息子が突如「2Pacはマレーシアで生きている」と主張

1996年に銃撃された後、多くの陰謀論や生存説がまことしやかに囁かれて来た2Pac。そんな彼が生前所属していたDeath Raw Recordsの設立者Suge Knightの息子が、「2Pacはマレーシアで生存している」との主張を行なっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。