Road to Berlin Atonal: Black SmokerによるBerlin Atonal 2017 体験記が映像で公開

今夏8/16〜20に、ドイツ・ベルリンにて”復活後”5回目となるBerlin Atonalが開催された。かつて壁崩壊以前、テクノ以前の西ベルリンで5回開催されたまま23年間休止していたこのフェスティバルが再開したのが2013年だった。復活してから同回数を重ね、今回は動員においても内容においても最も優れた回となったというのが来場者と主催者に共通する認識だった。

これまでは、80年代から引き継がれるフェスティバルの美学を貫く確固としたカラーがあった一方で、「同じようなものが多い」、「飽きる」といったバラエティー不足を指摘する声も多く聞かれた。それが5年目を迎えて伝統と進化、美学と多様性、そのバランスが絶妙に均衡してきたように思う。インダストリアル、ノイズ、アンビエント、テクノ、エレクトロ、EBMを主流としながら、現代音楽やダブ、ベース・ミュージック、ハウス、スポークンワードやポップスの要素も感じられた今年のラインナップは、ベテランと新進気鋭、有名と無名の混ざり具合もよく、また例年より女性アーティストも多く見られた。

Berlin Atonal 2017 © Camille Blake 4 preview
L→R Jube, Killer Bong, Compuma

今年設立20周年を迎えた東京の鬼才集団兼レーベル、BLACK SMOKERからはオリジナル・メンバーであるKILLER BONG、KILLER BONGとJUBEによるデュオTHE LEFTY、DJ YAZI、そしてレーベルからミックスCDをリリースしているDJのCompumaと行松陽介がこの夏ベルリンへと渡り初出演を果たした。その様子をBLACK SMOKER専属の映像アーティストであるRokapenisが同行し撮影し、ドキュメンタリー『Road to Berlin Atonal』として完成させた。今週末12/1より開催されるBLACK SMOKERのアート・エキシビション、BLACK GALLERYにてドキュメンタリーが公開される。

最終日12/3に当事者KILLER-BONG、JUBE、DJ YAZI、Compumaがトーク・ショーに登場し、スペシャル・ゲストに伝説的ジャズ・ベーシスト、鈴木勲もトーク・ゲストとKILLER-OMA(鈴木勲 × KILLER-BONG)のライブで出演する。ショート・ドキュメンタリーとして、後日オンライン上でも公開される予定のこの映像、イベントで上映されるのはオフショット満載のここでしか観ることのできないロング・バージョンとなっているので、ご興味のある方はぜひお見逃しなく!

Text: Yuko Asanuma

---

RELATED

KILLER-BONGのサウンドコラージュミックスCDシリーズ第8弾がリリース

BLACK SMOKERから主宰のKILLER-BONGによる人気コラージュシリーズ『SAX BULE』の第8弾が、11/20(火)に発売される。

YCAMでKILLER-BONG、近藤等則、SPANK HAPPY、JAZZ DOMMUNISTERSらが出演するイベント『Label CAMP』が開催

山口県山口市のアートスペース山口情報芸術センター(YCAM)にて、国内外の最先端のサウンドアート、音楽表現を紹介するライブコンサートシリーズ「sound tectonics(サウンド・テクトニクス)」の第22弾として、音楽レーベルをフィーチャーしたライブイベント『Label CAMP』が開催される。

BLACK SMOKERからリリースされるAKIRAM ENのミックスCDのリリースパーティーが開催 | KILLER-BONGや小林 径、Hair Stylisticsなども出演

BLACK SMOKERからリリースされるAKIRAM ENによる、ミックスCD『Mekano 1974-92』のリリースパーティーが、8/18(土)に東京・幡ヶ谷のforestlimitと神宮前のBonoboの2カ所で開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。