【フォトレポート】Sik-K First Live In Tokyo

Jay ParkとCha Cha Maloneが設立したレーベルH1GHR MUSICに所属し、そのメロウなサウンドで高い人気をほこるSik-Kの日本での初めてのライブが、11/24に東京・渋谷のSOUND MUSEUM VISIONで開催された。

取材・構成 : 和田哲郎

撮影 : 小林一真

TV番組『SHOW ME THE MONEY』に出演経験もあるSik-Kだけに、開場時間前から多くの女性ファン中心に列ができており、フロアはライブ前からものすごい熱気に。

IMG_1368

まず最初にライブパフォーマンスを披露したのは韓国出身でかつてはChency the Glowという名前で活動をし、ヒップホップクルーRoyal Classのリーダーを務めていたKELLY GREEN。現在は日本を中心に活動を続ける彼が登場するとフロアも華やかな雰囲気に包まれた。

IMG_1440
KELLY GREEN

IMG_1401

IMG_1394

再びDJプレイなどをはさみ登場したのはKANDYTOWNのYOUNG JUJUだ。未発表のメロディックな新曲を披露し、さらにはKANDYTOWNの同胞MUDを呼び込む場面も。彼らしいスマートなパフォーマンスの最後はtofubeatsに客演した今年の名曲"Lonely Nights"を披露。歓声が上がる中存在感をフロアに残しライブを終えた。

IMG_1486
YOUNG JUJU

IMG_1572

IMG_1519
左: MUD 右: YOUNG JUJU

IMG_1569

続いて登場したのはスマッシュヒット"Cho wavy de gommene"で今年一躍名をあげたJP THE WAVY。HOT 97 SUMMER JAMの時と同じく、まずは本人不在でDJが同曲をプレイし、熱量をあげていく。そして同曲が終了後に颯爽と登場したJP THE WAVYは切れ味鋭い動きとともに最新EPから"一斉送信"やHIYADAMを招き入れ"金が降ってきたらいいのに"、さらにはサマーチューン"ビッチと会う"などキャッチーな楽曲を連発。もちろんハイライトとなったのはラストにとっておいた切り札"Cho Wavy De Gommene"。スマホを掲げる観客の前で、ビッグアンセムを披露しその後のSik-Kにバトンを渡した。

IMG_1635
JP THE WAVY

IMG_1637

IMG_1681
左: HIYADAM 右 JP THE WAVY

IMG_1733

IMG_1762

そしてお待ちかねのSik-Kを前にフロアのテンションはもう待ちきれないといった様子に。1000人以上がつめかけたVISIONのメインフロアはもうほとんど動けないほどの状態となってしまった。

そこに現れたSik-Kはヒットチューン"Fly"でライブをスタートさせる。続けて盟友WoogieとGroovyRoomが手がけた昨年のEPからのヒット曲"Rendezvous"で早くもフロアの空気をガッチリと掴むと、MCでは誰に教えられたのか「超卍」などのコメントも飛び出す。本人もだいぶ機嫌がいいようだ。

IMG_1776

IMG_1898

IMG_1945

IMG_1875

その後も"Ring Ring"やSik-KのクルーYelows MobのプロデューサーBOYCOLDによる"Get That Money"などを連発。本当にこの人の曲はメロウかつフックがキャッチーなのが多いため、会場中がどんな曲でもフックになると大合唱に包まれる。

それを如実に感じさせたのがGroovyRoomのプロデュースによるトラックでH1GHR MUSICのJay Park、pH-1が参加した "iffy"、Jay Parkに客演した"Yacht "などだ。前者では"iffy iffy yeah"というシンプルかつ中毒性の高いフックでフロアは大爆発。Sik-Kも滴る汗を気にせずステージ上を動き回り会場を煽っていく。彼の参加曲の中でも随一のポップさをほこる"Yacht"では今度は会場全体がメロウな空気感に包み込まれた。

IMG_1940

IMG_1918

IMG_1960

IMG_1971

さらに『SHOW ME THE MONEY』からのヒットチューン"VVIP"をだめ押しとばかりにパフォームし、Crushが参加した"Party(shut down)"でパフォーマンスをシャットダウンするかと思いきや、なんとLocoとGrayが登場しLocoの"Respect"を一緒に披露。あまりのサプライズに会場からはこの日一番の大歓声が上がるとともに、シャッターの嵐が。最後までファンたちを楽しませ続けたSik-Kは笑顔で東京での初のライブを締めくくった。

IMG_1973
Loco
IMG_1975
Gray

IMG_1981

IMG_1951

Recap

Recap

Sik-K First Live In Tokyo!! Produced by WONDER&CLOCKS//ワンクロ

11.24 (Fri) 22:00

SOUND MUSEUM VISION

LINE UP
LIVE:Sik-K from Seoul / KELLY GREEN from Seoul / YOUNG JUJU(KANDY TOWN) / JP THE WAVY
DJ:JOMMY / TOMOYA YAMASHITA
and more...!!!!

RELATED

H1GHR Musicのレーベルショーケースが開催 | Sik-K、Woodie Gochild、HAONが出演

Jay ParkとCha Cha Maloneが設立したレーベルH1GHR Musicが、日本初のレーベルショーケースを11/23(金・祝)に東京・渋谷WWWで開催する。

【特集】starRoからSik-Kに"HANG OVER"についての10の質問

starRoがKID FRESINOと鋼田テフロンをフィーチャーしたシングル"HANG OVER"。この楽曲に新たにSik-KとROMderfulが加わったリミックスバージョンが、本日リリースされた。

starRoの"HANG OVER"に新たにSik-KとROMderfulが参加したリミックスのミュージックビデオが公開

starRoがKID FRESINOと鋼田テフロンをフィーチャーした話題のシングル"HANG OVER"。エクレクティックなテイストが話題となった同曲に新たに韓国のトップラッパーのSik-Kと、Soulectionに所属するROMderfulが参加したリミックスバージョンのミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。