Jam Master Jay射殺事件から15年が経過 | 警察が未解決事件に認定

MUSIC  2017.10.30  FNMNL編集部

Run-DMCのメンバーJam Master Jayが2002年にNYのスタジオで、押し入ってきた人物に射殺されて本日で15年となった。

NY市警はこの事件を、犯人につながる有力な証拠がないとして未解決事件に正式に認定した。

Jam Master Jayが殺されたときにスタジオには、少なくとも4名の人物がいたことがわかっているが、犯人につながる有力な情報は見つかっていない。

この事件については2007年にある人物が、2名の犯人のうちの1人だとして、捜査線上にあがってきたが、結局逮捕もされず、その後操作は行き詰まってしまっている状態になっている。

被害者の友人のJeremy “JL” Lamは「法的な目線では解決できない、ただストリートは常に語っている」とAPの取材に対して答えている。

MUSIC

FASHION

CULTURE