Jam Master Jay射殺事件から15年が経過 | 警察が未解決事件に認定

Run-DMCのメンバーJam Master Jayが2002年にNYのスタジオで、押し入ってきた人物に射殺されて本日で15年となった。

NY市警はこの事件を、犯人につながる有力な証拠がないとして未解決事件に正式に認定した。

Jam Master Jayが殺されたときにスタジオには、少なくとも4名の人物がいたことがわかっているが、犯人につながる有力な情報は見つかっていない。

この事件については2007年にある人物が、2名の犯人のうちの1人だとして、捜査線上にあがってきたが、結局逮捕もされず、その後操作は行き詰まってしまっている状態になっている。

被害者の友人のJeremy “JL” Lamは「法的な目線では解決できない、ただストリートは常に語っている」とAPの取材に対して答えている。

RELATED

Run-DMCのDMCがヒップホップシーンに苦言を呈し「Kendrick LamarやChance The Rapperと共に今のヒップホップを乗り越えるべき」と語る

言わずと知れた80年代の伝説的なグループRun-DMCのラッパーであるDMCが、現在のヒップホップシーンに対して苦言を呈している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。