高城晶平のミックスCD『Nobody Yet, 6:00 p.m』がBLACK SMOKERからリリースへ

ceroのメンバーで、ソロ活動では弾き語りやDJ活動も行なっている高城晶平が、BLACK SMOKERからミックスCD『Nobody Yet, 6:00 p.m』を、11月にリリースする。

このミックスCDは、ceroのルーツともいえる世界を感じさせつつも、パーソナルな内容になっており、高城の音楽観に優しく触れられるものといえるだろう。

めくるめく音楽愛と叙情。ゆったりとした悠久の調べ。高城晶平のプライベート・レッスンにしてルーツ・オブ・ceroも感じさせてくれる内省的宇宙が広がるブルージーでソウルフル、フォーキーな優しく深い音楽世界。じっくりと魅了され向き合いながら、 自分自身にも向かい合えるようなとっておきの音楽時間。リラクシンというわけでもないけど、なんだか気持ちがスーっと落ち着いてくる。61分31秒の凛とした音の処方箋的ミックス。(COMPUMA)

素晴らしく、ちょうどいい。私はこのミックスCDを聞いてそう思ったし、みなさまもきっとそう思うに違いない。ミックスCDに関しては、私はいつもちょうどいいものを探してきたが、ちょうどいいものこそ、そんなにちょうどよくは見つからないものだ。テンポも。音色も。そろそろちょうどいいのがあるといいのになぁと思っていたところ、ちょうどよく出会えたことがとても嬉しい。この感じが終わらなければいいのに、とさっきからずっと思っている。(MOODMAN)

またこのミックスCDのリリースパーティーが11/25に東京・東高円寺Grassrootsで開催される。DJには高城晶平をはじめMOODMAN、Minodaなどがラインナップされている。

Info

bsmx077jm-1

"Nobody Yet, 6:00 p.m” / Shohei Takagi

MIXCD

BSMX-077

¥1620

time:61:31s

artwork:Tomoyuki Yanagi

mastering:Takuya Nakamura

http://blacksmoker.cart.fc2.com/ca500/442/p-r-s/

MSJ × Black Grass「”Nobody Yet,6:00 p.m” Release Party」 11/25(sat)
@Grassroots
23:00-
DJ:
髙城晶平(cero)
MOODMAN
Minoda
Sports-koide
msqt

RELATED

YCAMでKILLER-BONG、近藤等則、SPANK HAPPY、JAZZ DOMMUNISTERSらが出演するイベント『Label CAMP』が開催

山口県山口市のアートスペース山口情報芸術センター(YCAM)にて、国内外の最先端のサウンドアート、音楽表現を紹介するライブコンサートシリーズ「sound tectonics(サウンド・テクトニクス)」の第22弾として、音楽レーベルをフィーチャーしたライブイベント『Label CAMP』が開催される。

イスラエル発のフューチャー・ソウルトリオButtering Trioの日本ツアーが開催

昨年、渋谷のWWWで開催された初来日公演が大きな話題を呼んだイスラエル/テルアビブ出身のButtering Trioが、日本ツアーを開催する。

ceroが初の香港を含め3公演のアジアツアーを開催へ

5月に4枚目のアルバム『POLY LIFE MULTI SOUL』をリリースし、FUJI ROCK FESTIVAL’18 WHITE STAGEに出演したceroがアジアツアーを、9月に開催すると発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。