MINUSのSS18コレクションのLOOKBOOK | テーマはJAFA(日本航空宇宙流行研究庁)

2012年よりブランドをスタートさせた藤本透がデザインを手掛ける『MINUS(―)』が、2018SSコレクションのLOOKBOOKを公開した。

前回のコレクションでは東京インディ・シーンの核として今もっとも勢いがあり、かねてより親交のあるPAELLASとの共作ムービーを制作したが、2018SSのテーマに選んだのは“JAFA“(日本航空宇宙流行研究庁)。

JAXAをパロディーした架空の組織を題材に、日本に宇宙空間でのファッションを考え、研究する組織があるとするならば、そこの職員達の制服とはどういったものになるだろうかという問いを設定しコレクションを展開。

そして出来上がったアイテムは自身が得意とするクラシカルな洋服作りをベースに、ローテク繊維で構築したハイテク素材を使用したものになった。

【CREDIT】
DESIGN&DIRECTION:TORU FUJIMOTO
STYLING:KAN FUCHIGAMI
HAIR&MAKE:DAISUKE NISHIOKA
MODEL:MAX
CAMERA/EDIT:KYOHEI IKEGAMI

-HP-
http://minus-jpn.com/

-STORES-
http://minus-jpn.com/stores

instagram
@minus.jpn_official

RELATED

音楽、アートなどをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWの2018 LOOKBOOK

音楽、アート、グラフィティといったカルチャーをバックボーンに持つクリエイティブチームVCWのアパレルラインの最新LOOKが公開された。

NOWHAWの2018 SSパジャマコレクション | 架空の健康ランドの館内着などがラインナップ

パジャマメーカーのNOWHAWが、2018 SSパジャマコレクションを発表した。

LOOPY HOTELが映画や音楽にオマージュを捧げた2018SSの1stコレクション

LOOPY HOTELが2018SSのコレクションから、第1弾となるアイテムを本日オンラインストアでリリースした。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。