【フォトレポート】『YARIGASAKI MOST WANTED』| スチャ、FRESINO、YENTOWN、ゆるふわなどがスケートパークで最高のパーティー!

2012年から代官山UNITなどを舞台に開催され、各回好評を博してきた人気パーティー『YARIGASAKI MOST WANTED』が、9/3に東京・お台場のスケートパークH.L.N.A. SKYGARDENで開催。

ライブにKID FRESINO、MonyHorse, PETZ, kZm, Awich(YENTOWN)、スチャダラパー、ゆるふわギャングが登場、16FLIP、DJ KOMORI、KM、shakke-n-wardaaがDJプレイを披露した。

お台場のど真ん中というアーバンなシチュエーションで、注目のアーティストたちが行ったパフォーマンスの模様を、横山純による写真で振り返る。

スチャダラパー

オープニングのshakke-n-wardaaのDJがの後に登場したのが、『YARIGASAKI MOST WANTED』には皆勤賞となるスチャダラパー。さすがライブ巧者らしく、ロボ宙を交えたコンビネーションが際立つパフォーマンスで、徐々に集まってきたお客さんの空気を暖めていく。そして終盤では新たな夏の定番"サマージャム2020"から"サマージャム'95"を連続パフォーマンス、序盤のハイライトを作り上げた。

_DSC7407

_DSC7434

_DSC7474

_DSC7632

_DSC7647

_DSC7557

_DSC7693

16FLIP

その後に登場したのはISSUGIのDJ・ビートメーカー名義である16FLIP。9月にリリースされたBESの最新作を16FLIPが丸々リミックスしたアルバム『The Definition of This Word』からの楽曲などもプレイしつつ、16FLIPらしいノリと確かなテクニックでヒップホップを中心にスピン。ダイナミックなグルーヴにフロアを巻き込んでいった。

_DSC8111

_DSC8032

_DSC8088

KID FRESINO

夕暮れが近づく中で、登場したのがKID FRESINO。いつものようにステージを自由に動き回る奔放かつ軽快なパフォーマンスで、クラウドを魅了。途中からは着ていたアウターを脱ぎ捨て、C.O.S.Aとのダブルネームアルバムからのヒット曲"LOVE"をソロでパフォーマンスするなど、パーティーの前半を締めくくる存在感あふれるパフォーマンスとなった。

_DSC8325

_DSC8523

_DSC8261

_DSC8817

_DSC8842

日曜日のデイパーティーということで、会場にはスケートボードをかついだギャルから、親子連れまで様々なお客さんが来場し、各自のペースでパーティーを楽しみ、終始賑やかでピースフルな雰囲気に包まれていた。

_DSC8123

_DSC9126

_DSC9131

KM

そしてすっかり日が暮れた時間に登場したのがトラックメイカーとしても活躍し、週末は西麻布の大箱を沸かせるKM。可愛いゲストがブースに乱入する中、自身の手によるブートリミックスなどを要所、要所で挟みつつ、最新のラップチューンなどをクイックでミックスしていく。前半までの空気感をガラリと変え、フロアの熱量はさらに上がっていった。そして終盤では注目のラッパーWeny Dacilloが飛び入りし、"1000%"をKMによるリミックストラックでパフォーマンスし、その存在を印象付けた。

_DSC9145

_DSC9056

_DSC8922

_DSC9244

_DSC9196

_DSC9410

_DSC9456

MonyHorse, PETZ, kZm, Awich (YENTOWN)

続いて登場したのは、現在の東京を代表するクルーYENTOWNから、MonyHorse、PETZ、kZm、Awichが登場。まず登場したMonyHorseとPETZが惜しくも出演キャンセルとなったJNKMNの不在を感じさせないような、息の合ったチームワークで、一気にテンションを盛り上げていくと、kZm、そしてアルバムが話題となったAwichを呼び込み、フロアはこの日一番のカオスに。Awichが"WHORU?"を前に煽ると、それに応えるかのように熱狂的なクラウドのモッシュが起こり騒然とした雰囲気に。最後にはJNKMNに向けてと、"ZUTTO"をエモーショナルにパフォームし、パワフルなステージを締めくくった。

_DSC9607

_DSC9547

_DSC9651

_DSC9677

_DSC0085

_DSC0130

_DSC9942

_DSC0140

ゆるふわギャング

ライブの最後を飾るのはゆるふわギャング。YENTOWNが残した熱狂を受け継ぎつつ、Ryugo IshidaとSophieeの2人は、序盤からスマッシュヒット"Fuckin' Car"や、、ゲストとしてLunv Loyalを迎え、"グラセフ"をパフォーマンスし、一気に自分たちのペースに引きずり込んでゆく。そして"High Time"で場をドープで静謐な雰囲気に変えると、ハイライトチューンの"Escape To The Paradise"でカタルシスを迎え、一気に駆け抜けていくかのように、硬軟織り交ぜたカラフルなステージを降りていった。_DSC0756

_DSC0463

_DSC0639

_DSC0305

_DSC0820

_DSC0544

_DSC0907

DJ KOMORI

そしてパーティーを締めくくったのは百戦錬磨のDJ KOMORI。自身の得意とするアーバンなテイストの楽曲を軸に、最新のヒットから、クラシックまでを自在に織り交ぜた選曲で、まだまだ遊び足りないパーティーピープルたちを最後まで踊らせ続ける。そして最後は自身お得意のメロウなテイストで完璧にパーティーを着地させた。

_DSC1055

_DSC1021

_DSC1141

_DSC1145

_DSC9098

昨年に続きH.L.N.A. SKYGARDENで開催された『YARIGASAKI MOST WANTED』。今年もこの夏、いちばん”ヤバい”パーティーの称号にふさわしい盛り上がり、流れを体感できるパーティーになった。次回の開催はまだ未定だが、またいつの日かお楽しみに。

YARIGASAKI MOST WANTED in H.L.N.A SKYGARDEN
Supported by STÜSSY

出演 (A to Z)
LIVE:
KID FRESINO
MonyHorse, PETZ, kZm, Awich(YENTOWN)
スチャダラパー
ゆるふわギャング

DJ :
16FLIP
DJ KOMORI
KM
shakke-n-wardaa

東京:H.L.N.A SKYGARDEN

2017年9月3日(日) 15:00 開場/開演

RELATED

スチャダラパー、PES、underslowjamsなどが出演し能登島で開催されるフェス『WANDERING』が今週末に開催

放浪をコンセプトに日本各地で開催予定のフェス、『WANDERING』の第一回目がいよいよ9/23(日)に石川・能登島で開催となる。

アルバム『FORTUNE GRAND』をリリースしたKMのドキュメンタリー『夜のパパ』が公開

DJとして都内のクラブを中心に活躍しつつ、ビートメイカーとしてkiLLa、BAD HOP、KANDYTOWNなどの日本のラップシーンの俊英たちにトラックを提供してきたKMが、本日1stアルバム『FORTUNE GRAND』をリリースした。

熊本で開催されているイベント『spoon』の4周年にKID FRESINO、JJJ、C.O.S.A.、STUTS、DJ CH.0などが出演

熊本発のDJ/ライブイベント『spoon』が4周年パーティーを、12/8(土)に熊本NAVAROで開催する。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。