QuavoがMigosの映画のために脚本を書いていると明かす

MUSIC  2017.10.03  FNMNL編集部

現在Travis Scottとのコラボ作に取り組んでいると言われているMigosのQuavoが、Zane Loweとのインタビューで映画の脚本に取り組んでいると明かした。

Quavoは現在Migosの映画のために脚本を書いているといい、その映画は『ポケットいっぱいの涙』(原題 : Menace II Society)や、『Baller Blockin』など90年代から00年代前半の作品に影響を受けたものだという。

Quavoは「おれは映画をよく観ていたし、おれの好きなアーティストも映画をやっていたよ。90年代は特にな」と語り、「おれは90年代生まれだし、おれの好きな映画にはドープなアーティストが出てたよ」と続け、映画制作に意欲を見せている。

MUSIC

FASHION

CULTURE