Kodak Blackが『Wild 'n Out』のコンサートでライブを中断した理由を明かす

Nick Cannonが司会を務めるMTVの人気番組『Wild ’n Out』が、9/23日にフロリダ州オーランドでライブコンサートを開催。スペシャルゲストとしてフロリダ州出身のKodak Blackが登場したのが、ライブの途中にステージを降りて帰ってしまった。Kodak Black本人がInstagramで今回のライブ中断について言及している。

米ハリケーンイルマ被害救済チャリティーイベントとして開催された、今回の『Wild ’n Out』コンサート。開催地のフロリダ州が地元である、Kodak Blackがスペシャルゲストとして出演したのだが、セットの途中でステージを降り観客のいるフロアに飛び込みそのまま出ていってしまった。

どうやら今回のライブ中断は機材トラブルなどが原因ではなく、ホスト側とKodak Blackの間の契約内容に理由があったようだ。

「サプライズパフォーマンスなのに3回もリークされた!1曲しかやらないつもりだったけど、3曲ぐらいやってあげた。あの恩知らずのクソ野郎たちは、これ以上何を求めるって言うんだ?」とKodak Blackは自身のInstagramに、フロアに降りて歩いて去っていく自身の姿の動画と共に投稿。

Kodak Blackは今回のコンサートに、シークレットゲストとして、事前の告知無しで出演するつもりだったとのこと。しかしホストのNick Cannonは数日前からSNSでKodak Blackの出演が決定したと発表をしていた。どうやらそれが契約内容と違い、気に食わなかったのでステージを降りたようだ。

契約内容が公開されておらず、Kodak Blackの言い分が正しいという確証はない。本当にシークレットゲストとして契約していたのか、それともただ早くライブを終わらせるための言い訳だったのかは分からないままだ。いずれにせよ、中途半端にパフォーマンスを放棄されファンは悲嘆している。

RELATED

Kodak Blackが来月には釈放か

昨年から性的暴行やドラッグの使用など複数の容疑によって収監されていたKodak Black。今年初頭には1年間の服役の判決を受けていたKodakだが、それよりも早く釈放される予定になったとThe Blastが報じている。

獄中のKodak Blackが高卒認定試験をパスする

昨年より性的暴行やドラッグの使用などによって収監されていたKodak Blackが、高卒認定試験に合格し高校の卒業資格を得たことが分かった。

「90年代のラップ VS 現代のラップ」Kodak Blackが自分の歌詞はJAY-Zより優れていると主張

Kodak Blackが自分の歌詞が、JAY-Zの歌詞より優れていると主張し、Instagramに二人の歌詞を比較する「90年代のラップ VS 現代のラップ」というタイトルの画像を投稿した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。