医者が手術中に流す曲ランキングが発表

MUSIC  2017.08.12  FNMNL編集部

手術中に音楽を流す医者は多い。患者は麻酔で眠っていて何も聞こえないので、医者は自分の好みの曲を流しているようだ。医療ドラマのイメージなどから、緊張感ある張り詰めた空気のなか手術は行われるのかと思いきや、驚くことにアメリカの医者がオペ室で流す曲ランキングは激しいロックが一番人気であった。

『Spotify』と健康ケアアプリ『Figure 1』がアメリカの医者たちをリサーチ。調査結果によると、なんとほぼ全て(90%)の医者が手術中に音楽をオペ室で流していると答えた。さらにその中の大半(89%)の医者がアルバムで流すより、自分好みのプレイリストを作るとのこと。3分の1(31%)は手術中にローテーションする用のプレイリストを5個以上用意していると解答。

曲単位で調査したところ、なんとロックが最も人気なジャンルであった(49%)。そしてポップス(48%)、クラシック(43%)、ジャズ(24%)、R&B(21%)と続く。ロックはメタリカ、レッド・ツェッペリン、AC/DCなどのクラシックなロックが一番人気なようだ。

音楽を流すとオペ室がリラックスするとのこと。医者本人だけではなく、まわりのスタッフの緊張も解すことで士気が高まるようだ。とある医者は「人の命を任された時、ロックを流すと快適な環境になり、患者に集中できる」そして「若い時から好きだった曲を聞くとノスタルジックな気分になり落ち着く」と語る。

麻酔を使わずに、患者に意識がある場合は患者からのリクエストも受け付けることも珍しくないらしい。

しかし、大事な場面や、手術が複雑であったり危機的状況になると、音量を下げたり曲を止めたりするとも報告されている。

『Spotify』は医者がよく手術用のプレイリストに含めるロック曲のプレイリストを公開した。

MUSIC

FASHION

CULTURE