磯部涼によるルポルタージュ『ルポ 川崎』が刊行 | BAD HOPやA-THUG、FLY BOY RECORDSなどのアーティストも登場

CULTURE  2017.07.30  FNMNL編集部

サイゾーで連載され話題となっていた、磯部涼によるルポルタージュ『川崎』が、10月に単行本として刊行されることになった。

『ルポ 川崎』(仮)は、日本・有数の工業都市・川崎が舞台。しかし川崎では近年、多摩川河川敷での中1殺害事件や、多数 の死者が出た簡易宿泊所火災、老人ホームでの 転落死といった忌まわしい事件などが立て続けに起きていた。

磯部はラップ・ミュ ージックのメッカにもなりつつある、川崎の少年犯罪、ヤクザ、ドラッグ、性風俗、貧困、 ギャンブル、多文化社会をドキュメントし、 ひいては現代ニッポンの闇と光を描出。

上から目線の若者論、ヤンキー論、郊外論を一蹴する、真にフレッシュでリアルなルポルタージュがここに誕生した。サイゾー連載時のものからは大幅に加筆修正がされている。

本書にはBAD HOPやA-THUG、YOUNG HASTLE、 KOWICHI、TY-KOH、K-YO、DJ SPACEKID、友川カズキなど川崎を拠点に活躍するアーティストも多数登場し、自身のエピソードなどを語っている。

また連載時に写真を担当していた細倉真弓による写真も多数収録される。刊行は現在のところ10月17日予定だ。

連載時のアーカイブはこちらで読むことができる。

Info

川崎

・書名:『ルポ 川崎』(仮)
・発売日:10月17日予定
・定価:1600円+税
・ページ数:257ページ(予定)

・発行・発売:サイゾー

 

 

MUSIC

FASHION

CULTURE