事故で全身麻痺となったファンにKanye WestがカスタムのYeezyスニーカープレゼント

車の事故で首から下が麻痺してしまったファンに、Kanye WestがカスタムのYeezyスニーカーをプレゼントした。

Thank you #KanyeWest & @adidasoriginals for the Custom "Cream White" Yeezy Boost 350 V2 ?

Tyler Wesleyさん(@t_wes44)がシェアした投稿 -

1年前の事故で首から下が麻痺してしまったファンのTyler Wesleyにカスタムのクリームホワイト色Yeezy Boost 350 V2をメッセージ付きでプレゼント。メッセージには直筆で「あなたに励まされた。あなたは、不可能など無いということを世界に証明した。あなたの冒険を共有してくれてありがとう」と書かれている。

Kanye Westがこのように個人のファンをサポートすることはとてもめずらしいことなので驚きだ。

先日、Kendrick Lamarがファンにプレゼントを贈ったニュースや、Travis Scottがライブ中に指輪をファンにあげたりなど、ヒップホップ全体でアーティスト達がファンに還元する心温まるニュースが最近多いのは喜ばしいことである。

RELATED

Kanye Westの19歳の大ファンが今まで収集してきたKanyeのグッズを販売するポップアップショップを開催

先日、ニューアルバム『YANDHI』のリリースを告知したKanye West。

Kanye Westがフォロワー数を非表示にすることをTwitterのCEOに提案

常に脳内でアイデアが迸っていることでお馴染みのKanye West。そんな彼が、今回は大好きなTwitterのUIについて意見を提供している。

Kanye Westと『Good Ass Job』を巡る15年の歴史

先日リリースが予告されたKanye WestとChance The Rapperによるコラボアルバム『Good Ass Job』。それと前後してアナウンスされたKanye自身のソロアルバム『Yandhi』も注目の的となっているが、古くからのKanyeファンにとっては『Good Ass Job』というタイトルに決まったことが特に話題となっている。そんな状況を受けて、DJBOOTHにてKanyeと『Good Ass Job』を巡る歴史を紹介した記事が公開されている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。