SoundCloudがローカルな音楽シーンに焦点を当てたドキュメンタリーシリーズを発表

現金枯渇の危機に直面して存続が危ぶまれたが、Chance The Rapperの救済によって閉鎖を免れた、音楽共有サービス『SoundCloud』。今回新たに、様々な音楽ジャンルのローカルやアンダーグラウンドのシーンに注目したSoundCloud制作のドキュメンタリー映像シリーズを近々公開するとアナウンスした。

『Next Wave』と名付けられたこの新シリーズはSoundCloudを活用しているローカルな新生の音楽シーンに注目。6部構成になる予定であり、LA、リオデジャネイロ、トロント、NY、ロンドン、そしてベルリンと、毎回違う都市の音楽シーンに焦点を当てて、6ヶ月間かけて毎月1話づつ公開していく。

記念すべき第1回は7/20に公開される。第1話はロサンゼルスのアンダーグラウンドのラップシーンを取り上げ、今そのシーンで活躍し、新たな世代のラップを世界に発信しているラッパーLil TracyFat NickPouyaの三人に焦点を当てるとのこと。

第1話が公開される7/20にはLAでこの三組のラッパーによる無料ライブも開催されるとのこと。

常に無料でサービスを提供してきて、幅広い音楽のジャンルに貢献した『SoundCloud』。数々の有名アーティストがSoundCloudでデビューし、ここで新しく生まれたジャンルも多い。そんなSoundCloudがオリジナルのコンテンツを制作するのは今回が初の試み。一度存続の危機に直面したが、この新たな挑戦によってどう展開していくのか楽しみである。

ドキュメンタリーシリーズ『Next Wave』のトレーラーはこちら

RELATED

SoundCloud上の楽曲がDJでもプレイ可能に

昨日、現在オランダで行われているAmsterdam Dance Eventにて、ストリーミングプラットフォーム大手のSoundCloudがDJソフトウェア企業との業務提携を発表した。

SoundCloudにアップロードしたラップが問題となり高校生が実刑の危機

高校に通った経験のある人は、その環境にフラストレーションを抱えることもあったかもしれない。音楽はそのような感情を表現する手段の一つだが、それが思わぬ事態を引き起こしてしまうこともあるようだ。

SoundCloudチャートで音源が聴かれなくても1位を獲得する巧妙な方法

元々はダンスミュージックのプロデューサーやDJのためのプラットフォームとして成長していたSoundCloudが、ヒップホップシーンで注目を集めるようになったのはここ最近のことだ。Lil Uzi VertやLil PumpやSmokepurpp、故Lil PeepなどいわゆるSoundCloudラッパーと言われる、SoundCloudで注目を集め羽ばたいていくラッパーが多く登場している。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。