世界の歌姫セリーヌ・ディオンはストリートブランドが大好き

FASHION  2017.07.13  FNMNL編集部

世界でもっとも売れたアーティストの1人であるセリーヌ・ディオン。映画『タイタニック』の主題歌を歌い、全世界での総売上枚数は2億枚を超える現在49歳の彼女が、いまストリートブランドを愛用しており、ファッションアイコンになっていると話題になっている。

セリーヌ・ディオンはいままでそれほどファッションという観点で騒がれたことは無かったのだが、ここ1年ほど前から突然着用しているものの方向性がかわり、いっきに注目を浴びて人気ファンションアイコンとして確立された。Jil SanderのようなクラシックでシンプルなアイテムからOff-Whiteのようなストリートウェアまで着こなす彼女。その秘密は新しいスタイリストにあるようだ。

1年前にセリーヌ・ディオンの方から依頼して契約をしたスタイリストLaw Roach。アリアナ・グランデ、ゼンデイヤ、ルビー・ローズなど多くのアーティストやトップモデルがクライアントの人気スタイリストだ。彼がスタイリストを担当してからたったのこの1年で、セリーヌ・ディオンを今最注目のファッションアイコンに仕立て上げた彼のセンスは相当なもの。

これまで彼女がストリートウェアで登場したSNSの投稿を紹介していく。

昨年のNYのcouture fashion weekにて。VetementsのTitanic Hoodie着用。タイタニックの主題歌を歌った彼女本人が着用しているのが驚き。

celine dion wearing an $800 vetements titanic hoodie >>> #WhenWillYourFaves

OfficialSeanPennさん(@officialseanpenn)がシェアした投稿 -

ラスベガスのスニーカーショップ『Urban Necessities』に来店した際もYeezy Boost風のロゴが入ったUrban Necessities×itsPoppedコラボのシャツをOFF WHITEパーカーの上から着用。

Versaceのガウンを来て、深夜のニューヨークで出店のホットドッグを食べる。ジャンクフードとヴェルサーチのミスマッチ感

上下OFF WHITEのスウェットで登場

そしてつい4日前にパリでのライブ公演の際に、Louis VuittonとSUPREMEのコラボアイテムであるシルクのパジャマセットを着用して車から登場


Givenchyのジャンプスーツ、CÉLINEのシャツ。足元はKanye WestがプロデュースしたGiuseppe Zannutiのサンダルで合わせている。

スタイリストがツイートした写真ではオーバーサイズのジャケットにAviatorsのサングラス、そしてBalenciagaのキャップ

そしてさらに極めつけはこのライブで披露したデニムオンデニム。上下デニムはダサくなりがちだが、セリーヌ・ディオンのスタイルの良さできちんと着こなせている。なんとこのデニム、OFF WHITEに特注で頼み、ディレクターのVirgil Ablohがオーダーメイドしてくれたとのこと。

Céline Dion's Canadian Tuxedo! /Le "Canadian Tuxedo" de Céline! #CélineDion #LawRoach #Tuxedo 👌🏻

Céline Dionさん(@celinedion)がシェアした投稿 -

以前ヒラリークリントンもヒップホップやストリートに影響を受けた格好をしていると話題になった。セリーヌ・ディオンがストリートブランド愛用しているのはスタイリストの方針で着させられているだけなのか、本当に彼女がストリートブランドのファンなのか気になるところである。

MUSIC

FASHION

CULTURE