トム・クルーズがホワイトハウス、CIA、麻薬王をはめた実在の人物を演じる『バリー・シール/アメリカをはめた男』の予告編が公開

CULTURE  2017.07.12  FNMNL編集部
トランス・ワールド航空社の天才パイロットとして活躍し、その後CIAから極秘ミッションのパイロットにスカウトされ、さらに麻薬の密輸で莫大な財産を築いた実在の人物=バリー・シールの生涯を描く映画『バリー・シール/アメリカをはめた男』の予告編が公開された。

映画でバリー・シールを演じるのは、本作の制作を熱望したトム・クルーズ。
解禁された予告編では、トムの代表作『トップガン』を彷彿とさせる
パイロットサングラスをかけて飛行機を操縦する敏腕パイロットのバリーがCIAから勧誘を受け、“天才な麻薬の運び屋”へと変貌を遂げていく過程が描かれている。
やがて麻薬王とも繋がり、家族を全く顧みず悪の限りを尽くして運び屋ライフへ堕ちていくバリーはどうなっていくのだろうか。

Info

movie

『バリー・シール/アメリカをはめた男』

■監督:ダグ・リーマン 『ボーン・アイデンティティー』、『Mr.&Mrs.スミス』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
■キャスト:トム・クルーズ、ドーナル・グリーソン、サラ・ライトほか
■全米公開:9月29日 [予定]
■原題:BARRY SEAL
■配給:東宝東和
■コピーライト:© Universal Pictures
■公式サイト:http://barry-seal.jp/
■公式Facebook:http://www.facebook.com/BarrySeal.jp/
■公式Twitter:https://twitter.com/BarrySealJP

MUSIC

FASHION

CULTURE