2Pacの写真を無断使用された写真家がジェンナー姉妹を提訴へ

ジェンナー姉妹が手がけるブランドKendall + Kylieがリリースした2PacやThe Notorious B.I.GなどのビンテージTシャツを利用したニューアイテムが炎上したのは以前お伝えした。

その後2人は謝罪し、Tシャツの販売も中止となったが、騒動が収まる気配はない。

今回炎上したTシャツの中で、2Pacの元の写真を撮影した写真家のマイケル・ミラーが姉妹を訴えるとBillboardが伝えている

ミラーは「2つの2Pacの写真が無断使用され、間違った使われ方をされている」とミラーは主張し「彼女たちの写真と怪しい文字を写真の上に重ねるのはヒップホップアイコンへの侮辱だ」とコメントを発表している。

今回無断使用されたのは下記の2枚の写真

jenner-copyright-infringement-tupac-gallery-1
Via Fashion Law
ダウンロード
Via Fashion Law

この無断利用についてミラーは150万ドルの損害賠償請求を行う予定だという。

RELATED

Kendrick Lamarはかつて2Pacの幽霊を観たことがある?

ハロウィンも近づいてきた今日この頃。「幽霊を見たことがある」という怪談は世の中に数えきれないほどあるが、尊敬している人物の幽霊なら会ってみたいと思う人も多いのではないだろうか。

Suge Knightの息子が突如「2Pacはマレーシアで生きている」と主張

1996年に銃撃された後、多くの陰謀論や生存説がまことしやかに囁かれて来た2Pac。そんな彼が生前所属していたDeath Raw Recordsの設立者Suge Knightの息子が、「2Pacはマレーシアで生存している」との主張を行なっている。

2Pac殺害事件の犯人を知っていると元ギャングが告白

死後20年が経過しても今なお言及され続けるヒップホップシーンのレジェンド2Pac。ラスベガスで銃撃を受け殺された2Pacだが、懸命な捜査にもかかわらずこの事件の犯人は未だに逮捕されていない。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。