Snoop DoggがJAY-Zのニューアルバムを違法ダウンロードしたと話す

JAY-Zのニューアルバム『4:44』は、今週にはiTunesやSpotifyなどのぷらっとフォームでも配信されるとみられているが、いま現在はTidalのみで配信中のため日本では聴くことができない。

ただTidalがあるアメリカですらも、Tidalを使わない人は数多くいる。Snoop Doggもその一人のようだ。

Snoopは普段iTunesしか使わないようで、JAY-Zのアルバムリリースを祝いつつも「『4:44』がiTunesになかったから、仲間にデータを送ってもらった」と違法ダウンロードしたことを認めている。Snoopは重ねて「JAY-Zにシャウトを送るぜ、おれはヘイターじゃない、おれは若いやつも年寄りでも価値のあるやつは好きだ」

アメリカ人にもあまり知られていないJAY-ZのサービスTidal。Kanye Westへの支払いが滞ってしまうのも仕方ないかもしれない。

RELATED

Jay-ZとRoc Nationが21 Savageをサポートするため弁護士を雇う

先日、アメリカに不法滞在していたという容疑で移民税関局によって逮捕されてしまった21 Savage。国外退去の可能性もあり危機に瀕している彼をサポートしようと、多くのアーティストやファンが「#Free21Savage」を叫んでいる。そんな中、Jay-Zと彼のレーベルRoc Nationが21 Savageと移民税関局との裁判をサポートするために動いていることが明らかとなった。

Snoop Doggが減刑のために密告を行なった6ix9ineを「クソ野郎」と非難

先日、自身にかけられた容疑を認め司法取引の手続きを行なっていると報道された6ix9ine。そんな彼について、ギャングスタの先輩とも言えるSnoop Doggが一言物申している。

Kanye WestがRoc-A-Fella RecordsとEMIに対して訴訟を起こしたことが明らかに

現在はG.O.O.D. Musicのオーナーとして知られているKanye Westが、以前在籍いていたレーベルRoc-A-Fella RecordsとEMI April Musicに対して訴訟を起こしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。