Snoop DoggがJAY-Zのニューアルバムを違法ダウンロードしたと話す

JAY-Zのニューアルバム『4:44』は、今週にはiTunesやSpotifyなどのぷらっとフォームでも配信されるとみられているが、いま現在はTidalのみで配信中のため日本では聴くことができない。

ただTidalがあるアメリカですらも、Tidalを使わない人は数多くいる。Snoop Doggもその一人のようだ。

Snoopは普段iTunesしか使わないようで、JAY-Zのアルバムリリースを祝いつつも「『4:44』がiTunesになかったから、仲間にデータを送ってもらった」と違法ダウンロードしたことを認めている。Snoopは重ねて「JAY-Zにシャウトを送るぜ、おれはヘイターじゃない、おれは若いやつも年寄りでも価値のあるやつは好きだ」

アメリカ人にもあまり知られていないJAY-ZのサービスTidal。Kanye Westへの支払いが滞ってしまうのも仕方ないかもしれない。

RELATED

Meek MillがJay-ZとBeyonceとの気まずい夕食の思い出を語る

先週金曜日にニューアルバム『Championships』をリリースしたMeek Mill。同作には長くビーフを行なっていたDrakeとのコラボ曲“Going Bad”が収録されていることも話題となっているが、そんなMeek MillがまだDrakeとのビーフの真っ最中だった時期のエピソードを披露している。

オバマ前大統領がミシェル・オバマ夫人の講演会にサプライズで登場し、自身を「Beyonceのライブに登場したJay-Z」に例える

オバマ前大統領が大のヒップホップファンということは広く知られている。そんな彼がミシェル・オバマ前大統領夫人の講演会にサプライズゲストとして登場し、自身をJay-Zに例えたことが話題となっている。

Snoop Doggがハリウッドウォークオブフェームのパネルに名前を刻まれ、「俺は俺自身に感謝したい」とコメント

ハリウッドの著名な俳優、映画監督、アーティストなどの名前が刻まれたパネルが配置された歩道「ハリウッドウォークオブフェーム」に、Snoop Doggのパネルが追加された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。