JAY-ZのKanye Westディスに対しキム・カーダシアンが激怒

JAY-Zの新作『4:44』はまだ日本では聴くことはできないが、すでにアメリカでは様々な話題が出ている。旧友のKanyeに対する、名前は明示されていないがディスが展開されていることも、その1つだ。

冒頭に収録されている"Kill Jay Z"の以下の部分がKanyeに対するディスだと言われている。

I know people backstab you, I felt that too/But this 'fuck everybody attitude' ain’t natural/But you ain’t the same, this ain’t Kumba ‘Ye/But you got hurt because you did cool by 'Ye​/You give him $20 million without blinking/He gave you 20 minutes on stage, fuck what was he thinking?/'Fuck wrong with everybody?’ is what you saying/But if everyone is crazy, you’re the one that’s insane

「全員くそったれ」だという姿勢は自然じゃないといったラインや、クールに振る舞ったおかげで、お前は傷ついたなど痛烈な箇所が続く。

この曲でのディスにKanyeの妻のキム・カーダシアンが激怒しているとHollywoodlifeが伝えている。

昨年末の精神的な危機以来Kanyeに対し「小熊を守る母熊」のような態度で接しているというキムは、このディスや「insane」=正気でないといった単語を使っているのがボクシングの「ローブロー」のようなものだと怒っているという。

確かにまだ回復の途上にあるKanyeに対し、このような攻撃をするのは痛烈であるとは感じてしまうが、先にJAY-Zを公衆の前で批判したのもKanyeの方なのだ。

RELATED

Jay-Zのアルバム『The Blueprint』が今年の永久保存音楽作品の1つとして選ばれアメリカ議会図書館に所蔵される見込み

Jay-Zが2001年にリリースしたアルバム『The Blueprint』といえば、言わずと知れたクラシックとして、現在も多くのヒップホップヘッズに聞かれ続けている名盤の1つだ。そんな中、現地時間の今週水曜日、アメリカ議会図書館が文化的、歴史的に重要だとして毎年発表する25個の永久保存音楽作品の内の1つにその『The Blueprint』が選ばれた。

Kanye Westのエンジニアが「『Yandhi』は女性をエンパワメントするアルバム」と語る

昨年よりリリースが予告されているKanye Westの最新アルバム『Yandhi』。未だにアルバムの詳細は明らかになっていなかったが、Kanyeのエンジニアが同作について興味深いことを語っていたようだ。

Kanye WestとKid Cudiが『KIDS SEE GHOSTS』でのサンプリングが原因で訴えられる

昨年、Kanye WestとKid Cudiの二人によってリリースされたアルバム『KIDS SEE GHOSTS』。高い評価を受けた同作だが、その内の一曲でサンプリングされているフレーズが訴訟の原因となってしまったようだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。