火星に子供を性奴隷にしている植民地があるという噂をNASAが否定

CULTURE  2017.07.01  FNMNL編集部

陰謀論系の人気サイト『InfoWars』を運営するAlex Jonesのラジオ番組が「子供達が誘拐されて火星のスペースコロニーに連れて行かれて性奴隷として扱われている」と主張。

「火星にはスペースコロニーがあり、そこへ20年かけて誘拐した子供達を送り出す。火星に到着すると彼らは奴隷になるという選択肢しか残されていないんだ」と木曜日の放送で語られた。パーソナリティのAlex Jonesは「NASAは宇宙関連のミッションの、90%を秘密にしている。以前、NASAのトップレベルのエンジニアに、想像もつかないようなことが色々おこなわれていると言われた」と述べた。

この番組は米国内の118個のラジオ局で放送された。

この件についてアメリカのニュースサイト『Daily Beast』がNASAに実際に問い合わせたところ、「火星に子供たちの奴隷植民地は無い」とNASA側の担当者がコメント。

「火星に人間はいない。火星に送った探査機は今も動いているが、人間は一人もいない」と今回の噂は事実でないと発言している。

Alex Jonesによる『InfoWars.com』はネット上で噂されている様々な陰謀を暴いたり、これまで様々な陰謀が実際に当たり、世界で何百万人もアクセスする人気サイト。Youtubeのチャンネルのビュー数は5億を突破している。陰謀論などが好きな方は是非一度チェックしてみてほしいhttps://www.infowars.com

MUSIC

FASHION

CULTURE