悪名高き『ディスコが死んだ夜』をテーマにした展覧会が開催

MUSIC  2017.07.01  FNMNL編集部

1979年にシカゴの球場で開催されたディスコを破壊するためのイベント『Disco Demolition』をテーマにした展覧会が、シカゴのエルムハースト歴史博物館で開催されている。

1979年ディスコ全盛期の時代に、「ディスコのせいでロックがやばい」その状況を苦々しく思っていたラジオDJのSteve Dahlはイベントを計画。当初はシカゴ・ホワイトソックスの試合のプロモーションイベントのはずが、球団オーナーの息子のBill Veeckと協力し、ロックファンたち、主に白人の音楽ファンたちと一緒に、ディスコのレコードを爆破するプロモーションイベントになってしまった。

「DISCO SUCKS (ディスコなんかくたばっちまえ)」という横断幕が掲げられる中で、グラウンド中央にディスコレコードが集められ、爆破。その瞬間ヴォルテージの上がった観客はグラウンドに流れ込み、グラウンドはカオス状態に。このイベントの後に予定されていた第2試合は没収試合となり、シカゴホワイトソックスの負けとなってしまった。

このイベントはテレビ放映されており、アメリカ中に反同性愛、反アフリカン・アメリカンの思想を広める悪名高いイベントとして記憶されている。

Lance Tawzerがキュレーションした展覧会には、その日ホワイトソックスの選手が着ていたユニフォームや、Dahlが持っていた「DISCO SUCKS」ベルトや、第二試合が中止になってしまったため、球団職員がファンに謝罪する手紙などが展示されている。

昨年Red Bullがこの日についてのドキュメンタリーを公開している。Disco Demolition Red Bull TV

 

MUSIC

FASHION

CULTURE