「Juice」と「Sauce」という2つのスラングの違いをBest Buyの店員が見事に解説

1992年に公開された2Pacが主演したヒップホップ映画の金字塔『Juice』。タイトルにもなっている「Juice」とはストリートで生きて行くためには、得ることが必要とされている真の尊敬を意味する。「Juice」はシーンで生き残っていくために獲得しなければいけないものとされていた。

一方同じ意味で「Sauce」という言葉もある。最近でもBeyonceの楽曲やDJ EscoがFutureとLil Uzi Vertをフィーチャーしたシングル"Too Much Sauce"などでも使用されている、この言葉も「スゴい」という意味で少しくだけた意味ではあるが、「Juice」と同じような使い方がされている。

ではこの2つのスラングの違いとは?

この違いを解説してくれるのはアメリカの量販店「Best Buy」の店員@Gino_Russだ。彼の説明によれば「Juice」は一時的なものだという。それに対し「Sauce」は永遠。永遠にヤバくいつづけられるのが「Sauce」なのだ。

では「Juice」は一時的で「Sauce」が永遠なのか。彼の説明はシンプルだ。「レモネードジュースを買うだろ、いつまで冷蔵庫に残ってる?数日くらいだろ」それに対し「BBQソースはどうだ?しばらくは絶対あるだろ、それが「Sauce」ってことだ」と彼は説明する。

なんだか強引な気もするが、この名回答にSNSは沸き立っている。今後は本当にヤバいものにはSauceを使いましょう。

RELATED

オックスフォード英語辞典に「biatch」や「squad goals」などが新語として登録される

世界最大の英語辞書、オックスフォード英語辞典に登録される新語が発表、「biatch」や「squad goals」、「drunk text」などの言葉が登録されることになった。

Lit、Skrr、Dab...2017年に使うと危険?5つの流行スラング

日本でも流行語大賞があるように、もちろんアメリカにもその年の流行語やスラングは存在する。でも流行りすぎると、すぐに使いたくなくなるというのが人情ってもの。今年使ったらちょっと危ないかも...という昨年の流行語を紹介していこう。でもこれは不名誉なことではない。全ては流行りすぎてしまったのが良くないのだから。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。