Twitterドリームを叶えYoung Thugの新作にビートが使用されたプロデューサー

MUSIC  2017.06.30  FNMNL編集部

Young Thugが6月にリリースしたニューアルバム『Beautiful Thugger Girls』。ボーカルアルバムというコンセプトの元、Drakeがエグゼクティブプロデューサーとして参加した話題作だ。

そのアルバムに参加していたプロデューサーJUDGEをご存知だろうか?

JUDGEはアルバムのラストを飾る高揚感あふれる1曲"Take Care"を手がけたプロデューサーだ。

ほとんどの人が初めて名前を聞いたかもしれない。彼はこのアルバムで夢をつかんだからだ。Pigeons & Planesの取材によれば、彼がYoung Thugのアルバムに参加するきっかけはTwitterだという。

18歳からプロデューサーとしての活動をスタートさせたJUDGE。新人プロデューサーの定型としてSoundCloudでビートを公開し、ローカルのアーティストに売り始めたJUDGEはLil AaronやBONESにもビートを提供するようになり、徐々に台頭していったが、まだメインストリームのアーティストへのビート提供はしてこなかった。

そのチャンスが巡ってきたのがあるTwitterのフォロワーの存在だ。Young ThugやFetty Wapなどが所属する300 EntertainmentのA&R、Geoff Ogunlesiがフォローしてきたのだ。

そしてGeoffはJUDGEのビートを気に入ったということで、ビートを送るようにオファーしてきたのだ。そして担当していたアーティストのYoung ThugにJUDGEのビートを使用してもらいたいと話してきた。

しかし中々ビートがYoung Thugに使用されることはなく、75~100曲分くらいのビートをGeoffに送ったとJUDGEは明かしている。

今年5月にGeoffはビートをキープしてほしいとJUDGEに電話してきたが、これもよくあることだったので、特に気も留めなかった彼はある日Young ThugのInstagramを見て、びっくりすることになる。

なんとThugがJUDGEのビートを使用した楽曲をストーリーでプレイしていたのだ。上の動画でのJUDGEの喜びをご覧いただきたい。実際にアルバムがリリースされるまで彼が"Take Care"を聴いたのはこれが最後だった。

JUDGEが最後にアルバムに収録されると気づいたのは、SoundCloudにアップされていた"Take Care"のビートが、権利侵害で削除されていた時だと話している。

プロデューサーやラッパーはどんなフォロワーがいるかチェックしておいた方が良さそうだ。

MUSIC

FASHION

CULTURE