Tee Grizzleyの"First Day Out"がNBAのスーパースター選手レブロン・ジェームズ効果で売り上げが3倍に

MUSIC  2017.06.26  FNMNL編集部

FNMNLでも注目のデトロイトの新鋭ラッパーTee Grizzley。彼が注目されるきっかけとなった楽曲が、刑務所から出所した日にリリックを書いた"First Day Out"だ。

昨年の11月にミュージックビデオが公開された同曲だが、公開から6ヶ月以上経ってからさらにヒットの兆しをみせているのだ。

そのきっかけとなったのはNBAのスーパースター選手レブロン・ジェームズだ。ラップ好きで知られているジェームズは、Kendrick Lamarの新作『DAMN.』の収録曲をリリース前にInstagramでプレビューするなど、ラップフリークもその動向が気になる人物だ。

レブロンが今年のNBAファイナルでウォリアーズに敗北を喫した5日後に、トレーニングシーンのビデオをアップしている。

Bald head nut!! #IHearEmPrayingOnMyDownfall #CantStopWontStop #striveforgreatness🚀

LeBron Jamesさん(@kingjames)がシェアした投稿 -

「止まれない、止まらない」というハッシュタグもついた、このポストにはすでに新シーズンを見据えたレブロンがすさまじい表情でトレーニングに臨もうとしていることが伝わってくるが、このビデオに"First Day Out"が使用されている。レブロンはこの曲からエネルギーをもらっているかのように、ビデオの中で振舞っている。そしてこのビデオの効果もあり、"First Day Out"の売り上げは3倍になったとTee GrizzleyがTMZの取材に対して明かしている。

自然に好きな曲を聴いているだけで、ラッパーに大きな影響を与えるレブロン。まさにスーパースターだ。

MUSIC

FASHION

CULTURE