Playboi CartiがXXL Freshmanのインタビューに答える

MUSIC  2017.06.25  FNMNL編集部

アメリカで最も人気の高いヒップホップ雑誌『XXL』が毎年選出する今年要注目のアーティスト10人にPlayboi Cartiが選出されXXLの表紙を飾った。

『XXL』が毎年発表している「Freshman」とは、その年の注目すべきヒップホップアーティストTOP10を選出する特集記事である。2007年(2008年のみ無し)以来毎年、まだアンダーグラウンドであったり無名であるアーティストや、もっと脚光を浴びるべきであるアーティスト10人を発表し、全員に表紙を飾らせる。アーティストにもリスナーにとっても大きな意味があり、毎年楽しみにされている企画である。

今回Plaiboi Cartiがその「Freshman」に選出され、XXLのインタビューに答えている。

選ばれた理由は「ポジティブであり、良いエネルギーと良いバイブスを持っているからだと思う」と彼は答える。そして自分のサウンドの特徴について「俺のサウンドはユニークで独特。俺の音楽はこのカルチャーにとって重要だ。のんびりしつつ、イカしたサウンドだよ」と語っている。

そして『XXL』という媒体についても言及している。「XXLのFreshmanに選ばれると知った時、興奮したけど秘密にしてたよ。俺はXXLのファンでバックナンバーも全部持っている。権威のある雑誌、感謝している」と彼自身XXLのファンであるとも発言。

アーティストが表紙を飾るという行為について、「表紙を飾ることはアーティスト人生としてのキャリアの記念になるので、もし表紙を飾る機会があれば間違いなく引き受けたほうが良い」とのこと。「やらなければいけないことではないが、やるべきことではある。多くの偉大なMC達が通った道だ」と表紙を飾ることについてはポジティブな印象を持っているようだ。

「表紙を飾るということはヒップホップアイコンになるということ。Soundcloudだけでやっている活動とは大きく変わってくる。Soundcloudなどから離れたいわけではないが、成功するためにはそうしなければならない。メインストリームになってしまうわけではない。アーティストとして自分がどこから来たかは忘れてはいけないし、多くの俺のファンはSoundcloudというプラットフォームから来ている。どっちのファンも喜ばせたい」と彼は表紙を飾ることでアーティストとして活動する規模が大きく変化していくことも心構えている様子。

インタビューの最後に彼はさらに活動の範囲を拡大し、レーベルを作りたいと言及している。自分が与えてもらったチャンスを誰かにも与えるために、次のレベルに行きたいアーティストを探しているとのことだ。

今年の『XXL』の「Freshman」は他にKamaiyah、A Boogie wit da Hoodie、PnB Rock、MadeinTYO、Aminé、Kap G、Kyle、Ugly God、そしてXXXTentacionが選出された。Freshman 2017全員を紹介するFNMNLの特集記事 pt.1も合わせてチェックしてほしい。(小林一真)

MUSIC

FASHION

CULTURE