中国の大学がSNSでインフルエンサーになるための講義を開始

フォロワーが多く影響力が大きいSNS上のスターであるインフルエンサー。中国の大学がSNSインフルエンサーになる方法を講義する授業を開始した。

SNSインフルエンサーになるための授業を始めたのは、中国の上海近辺にある義烏工商学院(YWICC)。メイクの授業から、モデルになるための授業や、ダンサーになるための授業なども教えている単科大学である。

YWICCは、インフルエンサーになるために重要なことは「美的価値」、「ファッションの感受性」、「宣伝活動の礼儀作法」、「写真編集スキル」を磨くことだと言う。

ほぼ全ての生徒は女性。MASHABLEのインタビューに答えた、実際にYWICCでこのコースを受講する33人の生徒のうちの一人の女生徒は「可愛くオシャレをするのと、写真を撮ることが好きなのでこのコースは自分にとても合っている」と語る。

人口の多い中国で有名になるとかなりスケールの大きい人数のファンがつく。中国では年間約46億円ほど稼ぐWang Hongや4億人以上のフォロワーを持つPapi Jiang、有名YoutuberのRyan Higaなどを始めとする多くのSNSスターが存在し、それに憧れる多くの人がインフルエンサーになることを夢見ている。

そして中国のネットの有名人は特殊な稼ぎ方をする。中国のインフルエンサーの主な収入はネットでの生配信番組と広告収入である。この生配信番組が特殊であり、配信者が商品紹介やQ&Aを生配信で行うと、ファンがバーチャルなプレゼントを購入し配信者に贈ることができる。配信者がそのプレゼントを現金に換金できるという仕組みになっている。

インフルエンサーがものすごい影響力を持つ現代のネット社会。いずれYWICCのSNSインフルエンサーを育成する講義から次の中国の大スターが生まれる可能性もあり、その成功を見習って日本や西洋にもSNSインフルエンサーになるための授業を行う学校が設立されるかもしれない

RELATED

Kanye Westがフォロワー数を非表示にすることをTwitterのCEOに提案

常に脳内でアイデアが迸っていることでお馴染みのKanye West。そんな彼が、今回は大好きなTwitterのUIについて意見を提供している。

Kanye Westファンのための出会い系サイト『Yeezy Dating』

Kanye Westファンで、恋人を探しているあなたに朗報だ。Kanye Westファン専用のデーティング・サイト『Yeezy Dating』がローンチした。

Donald GloverがSNSから姿を消した理由を語る

自身が主演・脚本・プロデュースを務めた『Atlanta』が昨年のゴールデングローブ賞を獲得するなど俳優としても頭角を現すDonald Glover。そんな彼は、SNSについて「自分みたいな人間にとっては結びつきが強い」とEsquireのインタビューで語っている。 Gloverは、2014年からSNSに姿を現していない。それまでは、Golverの個人的な考えをシェアして、活発に使いこなしていた。SNSと距離を置くDonald Gloverは、The New Yorkerのインタビューに登場。Esquireのインタビューで語られたSNSについて改めて語っている。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。