T-Painのマッシュアップムービーを投稿したミュージシャンにT-Pain本人からコラボオファー

先月、アメリカの掲示板サイトRedditに、ポートランド出身のミュージシャンGLASYSが自身の楽曲"We Can Change"を投稿したところ、T-Pain本人からリアクションがあった。

GLASYSは再度Redditにムービーをアップ。今回は、T-PainがNPR Musicの企画Tiny Desk Concertに出演した際のライブをマッシュアップしたムービーを投稿した。投稿されたムービーは大きな反響を呼び、T-Pain本人が直々に共演のオファーを申し込むまでになった。

"We Can Change"が投稿された際、それを気に入ったT-Painは、すぎに「すごい。今までの人生でこんなの見たことない」と喜びの気持ちを綴り「もし一緒に仕事をしたかったら、ダイレクトメールをくれ」とReddit上に投稿した。

その後、ダイレクトメールでT-PainとやりとりをおこなったGLASYSは、Pigeon&Planesのインタビューで「少し話し合ったよ。そして、彼がどこに住んでいるのか聞いてきたんだ。『ポートランドだよ』って言ったけど、喜んでT-Painとの共演に飛んで行くよ」と内容を明かし「あれから返信はないけど、どうってことない。彼は忙しいのはわかってる」と少し残念そうに語っている。

そして先日、GLASYSがTiny Desk ConcertでT-Painが披露した"Up Down"をマッシュアップしたムービーをReddit上に再度投稿した。GLASYSは、当時の気持ちを「彼にまた現れて欲しかったし、俺たちのスタイルが一緒とどうなるかわからせたかった」と振り返る。

このムービーはすぐにネット上でヒット。Youtubeに投稿すると、2日で50万回以上の再生回数を記録した。

この2つのムービーに心が動いたのかT-PainがTwitter上で「残された選択肢は1つ。俺らのスタイルを世界に見せてやろう」と、共演をほのめかすツイートを投稿している。

インタビューで、GLASYSは一連の流れを「クールな反応を期待していたけど、こんなことになるなんて想像したことがなかった」と喜び「オファーや機材の質問がいっぱい来て、ソーシャルメディアのフォロワー数も増えた。みんなに感謝のメッセージを送りたいけど、無理だよ。」と語った。

上記のT-Painのツイート後も二人の会話は続いている。GLSYSがT-Painとスポットライトを浴びる日は来るのか。二人次第だ。(野口耕一)

RELATED

Joey Bada$$がPost Maloneの"Rockstar"のゴーストライターであることを明かす

Post Maloneが21 Savageをフィーチャーした大ヒットチューン"Rockstar"は、2人に初めての全米チャート1位をもたらしたが、この大ヒットチューンの意外な事実が判明した。

Spotifyがラッパーバージョンの「Carpool Karaoke」的番組をスタート。T-Pain, D.R.A.M., Joey Bada$$が車内で新曲制作にチャレンジ

渋滞を抜けた後は数百人のファンの前で降ろされる

T-PainがLil Yachtyをフィーチャーし、お騒がせなKing of Instagramこと大富豪ダン・ビルツァーアンをテーマにラップ

パーティアンセム・メーカーのT-PainはLil Yachtyをフィーチャーして「Dan Bilzerian」という曲をリリースし、そのタイトルとラップの内容にリスナーを驚かせた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。