Rihannaが失恋を乗り越えられないファンにTwitterのDMでアドバイスを送る

Rihannaといえば、今年の「ハーバード大学の人道主義者」に選出されるほど、ボランティア活動や、故郷のバルバドスにある腫瘍学と核医学のための医療研究センターに2億円を寄付したりなどの活動でも知られているが、Twitterでもその人道的な活動を行っていた。

TwitterアカウントはRihannaとのDMのやり取りを公開した。

@WaladShamiはRihannaに対し、初恋の終わりをどうやって乗り越えたのか?と質問。「僕は苦しんでる」とその辛い境遇を明かしている。

それに対しRihannaからまさかの返信。Rihannaは「失恋はあなたにとっての贈り物だって信じて」とアドバイス。「泣きなさい、でもそれは永遠は続かない。あなたは再び恋をするし、それはもっと素晴らしいもののはずよ、あなたでいることを楽しんで」と前向きなメッセージを送った。

あなたも、もし本当に辛いことがあれば、Rihannaに相談してみては?

 

RELATED

Rihannaがトランプ大統領が自身の楽曲を無断で使用したことに対してキレる

先日、Pharrellがトランプ大統領に対し、自身の楽曲“Happy”を演説の際に使用しないよう求めたというニュースがあったが、またしても同じようなことが起きた。

Cardi Bが新曲“Money”のアートワークで着けている金のグローブをRihannaが「今まで見た中で一番ゲットーなブツ」と表現

昨日リリースされたCardi Bのシングル“Money”。同曲は先日オフィシャルリリースの前にリークされてしまい、絶賛ビーフ中のNicki Minajのファンによってリークが行われたという説もあるため今後彼女たちのビーフは増々殺伐としていきそうだ。しかし、そういった話題以上に“Money”のアートワークでのCardi Bのファッションが注目を集めている。

Rihannaがコリン・キャパニック選手をサポートするため2019年スーパーボウルハーフタイムショーのオファーを拒否

アメリカ最大のイベントであるスーパーボウル。その目玉となるハーフタイムショーには音楽ファンならずとも毎年大きな注目が集まっているが、来年開催される第53回スーパーボウルのハーフタイムショーのオファーをRihannaが断っていたことが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。